アル中への流れは大体同じ




アルコール依存症の体験を実際に聞いたり、体験談を読んでいると、

思います。

「ああ、またや。この人も一緒や」

って(;^_^A

 



依存症に至るプロセス

なんかね~共通点というか、マジでほとんど一緒なんですよ。

流れがね。

 

 

①何かのきっかけで酒を覚える(機会飲酒)

②大きな出来事やストレスで酒量が増え、飲酒が常態化する。

③酒による失敗が増える

④その失敗が嫌だから酒量が増える

⑤   ②③④の繰り返し

⑥とんでもない失態を犯す

⑦強制的に病院へ

⑧依存症と分かる

 

 

まあこんなところでしょうか・・・

 

私自身、YOUTUBEなどでも人の体験談などを紹介していますが、

正直友人の顔が出てきますよ。

「あ~あいつももろに当てはまっているな。絶対アル中なるやん」

って(;^_^A

 

そして、そう言っている私も思い切りそのプロセスにはまっていってましたよ・・・

 

まあ、⑤のあたりですかね(;^ω^)

危なかった~。

初期の段階で気づいたら楽

初期の段階で気づいたらまだ楽なんですよね。

 

「底付き体験の底なんてないよ。あるとすれば死だよ」

とは、AAに長く在籍された方の言葉ですが、

 

本当にその通りになっています。全てのアルコール依存症関連の体験談が・・・

 

 

例外はないんですよ。

 

あなたは今どこの位置ですか?

 

そして興味深いことに、

昨日まで③だと思っていたのに、今日にいきなり⑧になっているということがままあるんです。

その日は突然やってきます。今のうちに気づいたあなたは超ラッキーですよ♪

 

 

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







2件のコメント

  • morisansaku

    一旦覚えたアルコールを断つのは大変ですが、最初から飲まなければもっといいかというと、それはまた別の話みたいな気がします。
    アル中の寸前まで行ってアルコールのデメリットが判ったからこそ、断酒のとてつもないメリットも理解出来るわけですから。
    >今のうちに気づいたあなたは超ラッキーですよ♪
    ↑正にその通りだと思います。

  • とりやま

    ①機会飲酒が曲者ですね
    家庭環境や世代によっては飲まないという選択肢すら無い中で育ってしまっています。
    今はだいぶマシになって来ていますね。

コメントを残す