酒は百薬の長のウソ




酒は百薬の長と言われていましたが、

今では完全にその認識は変わっています。

WHO(世界保健機関)でもアルコールは発がん性物質であると完全に発表しています。

ヒ素、アスベスト、マスタードガス、アルコール・・・

WHO(世界保健機関)の外部組織であるIARC(国際がん研究機関)で発がん性のある物質を

1~5段階

に分けています。

1が最強に危なくて、5がまだまし

ということですね・・・。

で、アルコールもその中に含まれるんですが、どのグループだと思います?

 

なんと

1グループ(最強に危険)

ですよ!?

このグループにはほかに

ヒ素やアスベスト、タバコ、毒ガスで有名マスタードガスというものも含まれています。

 

 

ヒ素、アスベスト、マスタードガス・・・

という危なそうな物質と同レベルのアルコール。

これをWHOが正式に発表しているんですよ!?

 

酒は百薬の長はウソ?

私ものんべえ時代は

=酒は百薬の長=を信じて、飲み続けてきましたよ。

風邪をひいたときなんかは、

=アルコールで消毒してます!=

と言いながら飲んでました(;^ω^)

 

でも、どうやらこの話もウソだったようなんです・・・。

 

有名なJカーブ曲線。

縦軸に死亡率、横軸に酒の量を記したグラフで、適量の酒が死亡率の底辺を示す(適度な飲酒は体に良い)という結果から、こうよばれています。

しかし後に、この結果を見て研究者たちが

「重大な誤りに気がついた」

としているのです。

簡単にいうとこのJカーブ曲線を始めとする、飲酒推進論文の中に

1、飲み過ぎで体をやられて、医師から禁酒を命じられている人

2、身体が弱い、病気を患ったりで酒を飲めない、飲まない人

たちが入っていないのです。

 

10日にアルコール1ドリンク未満

で、そういったものを考慮し、

もっとも健康によい「適量の飲酒」を出した結果、

「10日にアルコール1ドリンク未満」

ということが分かったんです。

1ドリンクとはビールなら中ビン半分 日本酒なら0.5合です。

酒は百薬の長だから適量に飲んでね、と研究者が言っている適量は

「10日間で中ビンビール半分ね」

てことですよ!?

 

飲んでないのと一緒でしょ???

つまり、

飲んだら体に毒だよってことなんですよ(^_^;)

関連記事⇨酒=コカイン=ヘロイン!?

禁酒・断酒のメリット=朝の目覚め=




 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す