パウロごめん🙇お前があってたわm(._.)m




私、2007年ごろ、海外に留学していたんですね♪

留学中、他の国の人たちと一緒に住んで生活を共にしていたんですが・・・

ブラジル人パウロ

で、随時5〜7人ほどで共同生活を行なっていたんですよね。その時に色々な国の人たちと一緒に話すこと機会がありました。

オーストラリア人とサッカーの話をしたり、

韓国人と竹島の話をしたり、

中国人とアニメの話をしたり、

ドイツ人とヒトラーの話をしたり、

チェコ人とダンスの話をしたり、

・・・

 

とまあ、色々な国の人が住んでいたので、それぞれの文化を知ることができて面白かったのですが、その中にパウロというブラジル人がいました。

 

夜、(というか昼からでも暇があれば)何人か集まって話をするんですが、

私は当然ずっと飲んでいたんですよね(^◇^;)

で、他の国の人たちは飲んだり飲まなかったりという感じなんですが、

パウロだけは頑なに酒を飲まないんですよ。

 

HEY KOTARO  alcohol is no good

 

一緒にみんなが飲んでいる時に飲まないなんて、ブラジル人でも下戸がいるんだな(体もめちゃくちゃ大きかったので勝手に飲めそうだと思っている)なんてくらいで、まあ一緒に話をしていたんですよ。

 

で、仲良くなってきたら分かったんですが、

パウロ、マ◯ファナをずっと吸っていたんですね(^_^;

 

私たちがいつも話をしていたところは広い広い庭みたいなところなんで、タバコも吸いたい放題なんですよ。で、そこで堂々とマリファナ吸ってるんですよね汗

 

我々日本人の感覚からしたら異常ですが、まあ海外では当たり前の場所もあるらしく・・・

 

パウロ自身も何が変わるでもなくいつも淡々と飲み会?に参加していました。

で、あれは10人くらい、色々な国の人たちが集まって飲んだり食べたりしていた時にパウロが突然私に向かって言いだしました。

 

HEY KOTARO alcohol is no good

(訳 小太郎、酒はほんまにあかんよ、体に悪いよ)

 

私、びっくりしましたよ。

毎日みんなでお話して、私は大量に酒を飲み、パウロは一人でどんどんマ◯ファナを吸っている。

 

そんな中での一言でしたから・・・

 

パウロごめん お前があってたんやな

で、その時私本気で感じましたよ・・・

 

「こいつはアホなのか・・・」

と。笑

だって日本人の感覚ならそうですよね。

 

マリファナ燻らせながら、

「おい、アルコール体に悪いぞ」

って言われても全く説得力ないですよね笑

「お前に言われたく無いわ」

ですよね(^◇^;)

 

でもね、それから10年の時を経て分かったんです・・・。

 

アルコール。

マリファナの何倍も体に毒だということが( ̄◇ ̄;)

調べれば調べるほどアルコールの悪さが滲み出てきます。

マリファナの本場?ブラジルでの認識はアルコールはものすごい悪だよってこと。

これ、世界保健機関などの結果でも明らかですよね。

 

日本人ね、知らなさすぎなんですよね汗 

目の前の情報や世相を信じすぎなんですよ。

 

もちろん日本でもアルコールより害が少ないからそれらを解禁しようと言っていますが、それはまた違う話ですよね・・・

 

個人的な意見としては確かに害は少ないけど、日本の文化に無いので、ものすごい秩序が乱れると思います(^_^;)

 

まあ、とにかく、自分が酒をやめて、めちゃくちゃ勉強して分かったこと。

パウロ、ごめん。お前があってたわm(._.)m

関連記事⇨私ののんべえ時代の日常=オーストラリア暮らし編

酒=コカイン=ヘロイン




 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す