酒無し焼肉6時間




 

昨日久しぶりに外食してきたんです。

 

酒をやめてからというもの、本当に外食することもなくなり、ましてや焼肉なんて行こうとも思わないんですよ(;^_^A

 

酒に合いそうなものを避けてきたんですが、ここにきて全く要らなくなったんですね。

 

でもなぜか昨日お昼に焼肉に行ったんですが、ものすごく楽しむことができました。



焼肉=酒というレッテル

私だけなら焼肉には行かないのですが、

元生徒(私は小学校の先生だった)が

「大学受かったんでご飯連れてってください」

 

的な感じになったんで、

「何食いたい?」

 

って聞いたら、即答で

「焼肉!」

とか言われたんで行ったんですがね。

 

 

まあ、一言で言うと

めちゃめちゃ面白かったですよ!!!

 

なんと焼肉屋にお昼12時から18時前までおよそ6時間。ノンアルコールでたまに肉つまみながらずっと話をしてましたからね。

 

「ええかげん帰れよ」

という店員の視線はうまくさばいて居座りました。(笑)

 

 

で、昨日驚いたのはやはり

 

焼肉屋でノンアルコールで楽しく美味しくいただけた

 

 

という点ですよ。

 

思えばのんべえ時代。

まだのみはじめて数年というところの話。依存しはじめていたくらいかな。

忘れもしませんが、焼肉屋に行った時に

=じゃんけんで負けたら酒飲まないで運転=

というもので、負けてしまって酒無しで焼肉屋にいったんですよ。

 

 

その時のビール無し焼肉が苦痛以外の何物でもなくてね・・・

 

 

それ以来、

焼肉屋およびそういう類の店に行く時は何がなんでもビールを飲む、仮に飲めない状況があるとすればそもそも行かない

 

という暗黙のルールが自分の中でできたんですよ(;^_^A

 

 

現にその後、焼肉どころか外食してビールを欠かしたことはなかったですね~~~

 

焼肉=酒

という完全な公式が私の中にあるので、酒無しでは成り立たないのですね。

 

のんべえのあなたもそうだと思います。

 

焼肉屋で、ウーロン茶、ジュースを飲むなんて何をしに行っているんだ、と。

 

 

ところが、病は月日が解決してくれるものです。

 

何せ6時間もノンアルコールで焼肉屋に滞在していたことが、その焼肉の会食が面白かったことを物語っていますよ。

 

楽しい、でも淡々と

焼肉屋の帰り、元生徒と一緒に帰りながら、

 

もしこれで飲んでいたらどうなっているかな~

ってのをシミュレーションしたんですよ。

 

 

すると、同じくこれくらい長く話はしているでしょうが、飲みまくって覚えていることも少なく、体はしんどく、岐路につくって感じでしょう。岐路につく途中でさえ確実に飲んでいただろうと容易に想像できます。

 

当然それだけ飲めばまた次の日にも影響がでてきますよね(;^ω^)

 

それが昨日は楽しく話して、かえってパッとねて、今現在翌日の早朝!

なんか、

「飲酒行為って本当にいるのか?」

って思わせてくれるくらい、ノンアルコールで楽しい一日となりました。

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す