MENU

酒を辞めて見えてくるもの

酒をやめたら見えてくるものがあります。

なんか、人生の景色が変わってくるんです。

 




 

全ての事象に裏があると気が付くようになる

 

もう本当に全てですよ(笑)

 

注意深くなったという言い方もできなくはないですが、

全ての事象にとびつかなくなった

 

って感じですかね・・・

 

もちろんこれまで(飲酒時代)に培ってきた常識とされていたものも組み込みながら

 

考察するという・・・

 

 

そうすると、

なんか世界がアホらしく見えてくるんですよね(言葉悪いですが(笑))

 

「何をそんなことで一喜一憂しているんだ」

 

って感じになってくるんです。

 

これは、酒を飲んでいる時の、

「何をそんなことで一喜一憂しているんだ」

 

ってのとはわけが違うんですよ。

 

あれはただの薬効成分によって、深く考えなくさせているだけですからね・・・

 

脳をだまくらかさずにたどり着く境地

まあね~

元大酒飲みが酒やめると

 

とにかく思考するんでね~(;^_^A

 

頭はそりゃ毎日疲れますが、めちゃめちゃ賢くなっていっていると思います。ぶっちゃけこれだけ考えていたらね。

 

 

世の中の権力者が、あまり酒を飲まないと言われている理由はこれなのか!

 

って本当に気付きます。

すべて本質をみるようになるんですよ。

 

政府も税金もマスコミもインターネットも年金も・・・

 

様々なことを考察したら、色々なことに気が付けるので

思うんです。

 

「あ、俺まだまだ無知や。もっと勉強しよ」

 

って♪

 

例えば、以前の記事で

役所の間違いがあって税金を取られすぎていた、それも2回も!

ということを書きました。

↓↓↓

酒辞めて、今のうちに何かと動いておいた方がいいよ

 

そんなことあったら、

今後信用できますか?

 

普通に考えたら、

 

もっとどこか取られていないか&今後しっかりと自分で防備しなくては&うちの親の年金も危ないなetc・・・

 

と思います。

 

そして、まだまだ知らないことだらけですからね。

酒飲んでいる時間が本当もったいないし、ますます見えてくる景色が変わってきますね(〃艸〃)ムフッ

この記事を書いた人

コメント