MENU

酒飲み時代末期のとある夏休みの一日

酒飲み時代末期の夏を思い出すと、

絶望的に面白くなかった記憶がたくさんでてきます(;^_^A

 

 

 




酒飲み末期夏休みのスケジュール

 

とある、夏休みの一日のスケジュールです。

9時 起床

11時 飲酒開始

12時 おでかけ

13時 ホルモン屋

14時 買い物

17時 焼き鳥屋

24時 就寝

 

 

今見返していても、

我ながら終わってる一日ですね(;^_^A

 

そらおもろないわ

って誰でもわかります。

おでかけとかなんとか書いてありますが、まあとにかく飲んでいるだけですからね。

 

酒を飲んでも飲んでも不安を感じていたのを思い出しますね~(笑)

 

そりゃ、不安増長物質をひたすら飲んでいるんだから当たり前です(;^_^A

 

酒飲み(少なくとも末期の私)って、マジで切ないですね・・・

 

 

吐き気を催しながら飲む

 

で、基本的に

 

吐き気を感じてましたよ(;^_^A朝の時点でね。

 

嫌な人生ですよ。基本的に吐き気を催している人生ってΣ(゚д゚lll)ガーン

 

昨日の酒が残って、気持ち悪いから迎え酒で飲んで、

麻痺させるけど、さらに飲みすぎて気持ち悪いというね・・・

 

 

何をしていたんでしょう。何を・・・

 

絶望感しかありませんでしたよ。

 

たまに

「オエッ」

 

ってなりながらも、そこは気合で飲み伏せる。

 

体にも絶対に悪いですね~

 

ほんと可哀そうなやつです(笑)

 

全然楽しい夏休みじゃないですね(;^_^A

この記事を書いた人

コメント