=酒と涙と男と女=が現代には通じないよ




 

酒にまつわる歌ってありますよね?

歌謡曲っていうんでしょうか・・・

私の世代からしたら、下手したら一つもしらないですが、何となく聞いたことくらいはあります(;^ω^)

飲んで~飲んで~飲まれて~飲んで~

 

ですか?

 

あまり知りませんが、

まあ確かに居酒屋などで私自身もこのフレーズを言ったことはあるでしょうね。

酒飲みにはものすごく都合のよいフレーズですもんね。

まあ、四の五の言わずとにかく飲めよ、と。

 

そんな文化が日本にはあったんですよね。こんな歌をカラオケで歌いながら、一気とかしていたのでしょうかね・・・(;^ω^)

 

日本全国がこれで浮かれていた時代もありました。それはそれでよかったんでしょうね。

でも、インターネットの出現で価値の多様化が当たり前となった現在(2017年)

 

飲み続けて眠るまで飲んで???

=は???=

 

で終わりですよ(;^ω^)

何でも酒と絡めようとする酒飲み

結局、全てのことを酒に絡めて、酒が飲みたいだけなんですよね(;^ω^)

 

四六時中素面の今、ようやく自己分析ができました。(おそ!)

喜怒哀楽。

何があっても酒を飲む。

喜怒哀楽が無くても・・・

やっぱり酒を飲む。

花が咲けばお祭りで酒を飲み、

花が散れば、それはそれで酒を飲む。

 

まあ、なんという酒飲み無駄人生だったことでしょうか(;^ω^)

 

酒飲み時代、そういえば言われてましたよ(笑)

 

「そうまでして酒飲みたいか?」

って。

 

その時は言われていることにピンときていませんでしたし、別に条件反射的な感じで飲んでましたが、

今分析すると完全に言われている通りですよね。

なんとしても、酒に、アルコールに一刻も早くありつきたかったんですよ・・・

 

ありついた後、どうなるの?

 

で、待望のアルコールにありつけたあとは、

頭が吹っ飛ぶまで飲むんですよね(;^ω^

もうそれこそ反射的に、酒飲むんなら頭フっ飛ばさないと意味ないだろと言わんばかりに・・・。

 

何をやってきたんだろうか・・・本当に。

 

頭吹っ飛ばすくらい飲むから当然二日酔いで、次の日多少頭痛く、胸は気持ち悪く起きて、時間が経ってきたら少し治って、迎え酒こんにちは・・・

この生活。

一昔前は

「もう仕方のないのんべえさんだね~」

って言われていたんですって(笑)(すくなくとも私の祖父は)

 

それ、

現代の世の中に全くマッチしてないですわ(;^ω^)

 

 

関連記事⇨酒が好きか嫌いかは関係ないのだよ

酒無しの快適さ、楽しさを知ってしまった!!!



 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す