金ピカ先生の死から考える




金ピカ先生という方が亡くなっていたみたいですね。

酒を飲むだけの晩年だったようで・・・

 



一世を風靡した金ピカ先生らしい

私はこの方の名前も顔も初めて聞いたのですが、

 

結構有名な方だったみたいですね。

 

なんでも、カリスマ講師として一世を風靡したとか・・・

 

で、その晩年、

生活保護を受けながら酒浸りの毎日だったようです。

 

年収2億カリスマ予備校講師・金ピカ先生…朝からビールの日々「生きる屍です」

 

 

自らを生きる屍と言われています。

 

年齢が私の父と同じくらいなだけに、

その年でそんなことを言われたら悲しくなってしまいます・・・

酒飲みの末路はこうなるのかな・・・

本人がインタビューで答えられています。

「最近ですか? 隠居です。朝からビール飲んでますよ。朝昼晩。飲みたいもの飲んで。いつ死んでもいいんですから。だって、やりたいこともないし、やることもないんだから。生きる屍(しかばね)ですよ。人生、大満足しているから、いいんです。未練ないです。引きこもり生活? そうですよ。政治? まったくです。関心ないです。そんな元気ないです」

とのこと。

 

 

現代の60代と言えば、まだまだ若い。

これから第二の人生だ、

とやっている方も少なくありません。

 

インタビューでは人生大満足と答えられているようですので、本人がそうならばもちろんいいと思いますけどね(;^_^A

 

まあ、個人的に、私は嫌ですね。

 

何より、

飲んでいる本人が一番面白くないということを知っていますから。

 

飲めば飲むほど面白くない。

これはアルコールの薬効成分からみても明らかです。

 

無限ループなのですよ(;^_^A

 

 

それに気がつくと、

自分のことを生きる屍と呼んでしまうのも

 

分かるような気がします。

 

飲み続けると、こうなってしまう可能性が非常に高くなりますね(;^_^A

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す