悲しい事件事故から学ぶこと




酒に端を発した事件事故が毎日後を絶ちませんが、

ヒドイとか可哀そうで終わらせている場合ではないのですよ。

 

 



他人事ではないと感じられるか否か

先日、以下のような報道がされていましたね。

車内で乳児死亡「降ろし忘れた」母親を逮捕 富山市

 

これを見て、

「鬼、悪魔、ありえない!!」

などなどの感情をもつのは当たり前のことだと思います。

 

しかしです。

 

あなた(私も)は大丈夫だとなぜ言い切れるんですか?

 

って話なのですよ。

 

酒飲んだくれて、ブラックアウト(記憶をなくすこと)何回もしたことある人が、

 

「自分もそうなっていたかもしれないな」

と思わないほうが不思議です。

 

 

あのまま飲んでいたら時間の問題

 

飲んだくれの私たちは、

あのまま飲んでいたら時間の問題だったんですよ。

 

たまたま今までやってしまったことが、ばれていなかったり、重篤なことになっていなかっただけです。

 

私たちが酒で事件事故起こしても、周りの人は

 

「やっぱりな」

 

ってなると思いませんか?

 

まさかあの人が!

とはならないでしょう。おそらく(;^_^A

 

時間の問題だったんですよ。

 

今のうちに、悲しい事件事故から、

 

学んでおくことが肝要かと思います。

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す