脳科学的にみる、自分への問いかけのヒント




自分への何気ない問いかけが

断酒の成功失敗を左右します。

 



~できますかね?という問い

コミュニティ内でもナイスな指摘があったんですけどね(;^_^A

 

「私の○○のような今の状態で、断酒うまくいきますかね?」

 

という問いに、

 

「その問いかけだとうまくいきにくいですよ」

 

って言ってくれた方がいたんですが、まさにその通りなんです!

 

ラグビーが盛り上がってましたが、

 

選手たちが

「次の試合勝てますかね?うまくいきますかね??」

 

って言ってたら、めっちゃ不安じゃないですか?うまくいくと思います??(笑)

 

「目標はベスト8です」って言って、本当にベスト8だったですよね(まあ日本代表ラグビーの場合は、現状をしっかりと把握しての結果だったと思いますが)

 

ラグビーだけでなくすべての競技などに言えることですが、

ベスト8を目指している人や団体が優勝することはありません。

 

「優勝できるんですかね?」

って思っている時点で優勝はないんです。

 

それと一緒のことをしているんですよ。実に多くの日本人がね。

 

〇〇できますというと、そのやり方を脳が必死こいて探す

これがポイントなんですよね。

 

成功している人が、

言葉がきれいだ、人の言っていることを否定しない

とか言われているのはこれがあるからなんですよ。(本人がこの作用を知っているかは分かりませんが)

 

 

○○できます

とか

○○やったります

っていうと、

本当にできるかどうか関係なく、

 

やり方を必死こいて探し出すんです。脳が・・・

 

 

なんとしても、それをやり遂げるために

 

RAS(脳のフィルター)が効くんですね。

 

あなたがやろうとしている断酒。

 

一般的には難しいとされていますが、

ラグビーで活躍するのと、ノーベル賞をとるのと、わけが違うんですよ(;^_^A

別に何かの大会で優勝しなくていいんです。

 

やろうと思えば誰でもできることです。

その誰でもできることを、

 

自分の言葉であえて難しくしているんです・・・

 

何やってんですか?

って自分に気づくことが肝要ですね。

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







脳科学的にみる、自分への問いかけのヒント はコメントを受け付けていません。 禁酒を科学する