MENU

正月に酒を勧められた?まあそりゃそうだろうね。

オンラインコミュニティの方で、

「正月に酒勧められました?」

って話になったんですが、

 

「勧められました~」

「色々言われました~」

「可哀そうって慰められました~」

ってな答えが返ってきたんで、その見解について・・・

 




うん、まあそりゃそう思うよ 自分だってそうだったじゃん

ちょっと前まで、周りの誰よりも飲んだくれだったのに、

いきなり、

「酒やめました」

って言っても、

そりゃ通用しないですよ(笑)

 

ましてや、

「断酒して、本当に体調もよくてうんぬんかんぬん・・・」

 

言われても、

どの口が言っているんだ?

って笑われます。

 

もうそれは仕方がないんですよ。

 

「酒やめたのに、周りが気持ちを分かってくれない」

的な嘆きをたまに聞きますが、

 

 

分かるわけないでしょ(;^ω^)

 

ちょっと前まで好き放題飲んでいたんだし・・・

 

私たちだってそうだったじゃないですか。

「物好きがちょっと酒やめて、またどうせ復活するよ」

くらいにしか思いません。周りの人はね。

彼らは私たちを心から可哀そうと思っている だから、面と向かってはもう話せない

飲んだくれであればあるほど、

「酒もない正月か~可哀そうにな」

と心から同情してくる人がいますね。

 

そして、その人達は、

本当にあなたのことを思って言ってくれているんですよ。別に嫌がらせをしているわけではないんですね。

(自分がそうでしたもんね)

 

だから、もう普通に分かってもらうとかそういうのじゃないんです。

話として成り立たないんです。

酒やめ当時、このあたりが非常に寂しいと感じた部分だったのですが・・・

 

今は全然ですよ(笑)

酒飲もうがやめようが自由。

他人にとやかく言われる筋合いもないし、向こうも同じこと。

 

だから、もう済む世界が違ってくるんですよ。飲んだくれの世界とは。

 

最初は飲んだくれの世界に何とか素面で溶け込もうとし、後で

「あ、別に全然おもしろくないわ」

って気づきます(笑)

酒飲みとは面と向かって話さなくなりましたが、その道がむしろ心地よいと感じる今日この頃です。

 

 

この記事を書いた人