禁酒・断酒をすると、春夏秋冬が鮮やかに見えてくる!




この記事を書いているのが8月31日なんですよね。

朝晩になると、ちょっぴり秋を感じる時もあるんですが・・・

「さあ、秋になってきた。飲むぞ~」

って思ってましたよ(;^ω^)

素面で季節を感じることができない飲酒者

振り返ると、まあ当然と言えば当然ですが、

四季の移り変わり全てに酒が登場してきていました・・・

 

「秋っぽくなってきたな~。今日は乾杯やな」

 

「夏も終わりやな。乾杯や」

 

「どんどん寒くなってくるな。こんな日は乾杯やな」

 

完全にアホですが(笑)

もうね、自分で(素面で)季節が移り行く感じを味わうことができなくなってたんですよねΣ(゚д゚lll)ガーン

 

アルコールを摂取しないと、しっかりと感じることができないんですよ。

それ、体、心に完全に欠陥をしょってますよね(;^ω^)

 

酒飲み時代、

春夏秋冬、全季節好きだ、と豪語していました。

 

「季節の移り変わりが、楽しかったり、せつなかったり、嬉しかったりするんだな~」

とかほざいていましたが、

飲みたかっただけですよね(笑)

 

年々鈍感になってるでしょ?

で、こんなことを学生時代からひたすら続けてきたんですよね。
(幸運にも私は十数年、アル中の先輩方は数十年こんなことをしていて後悔中)

確かに、酒を飲み始めたころ、季節の分かれ目で飲んだとき、味わい深く感じられたような気がしましたよ。

「あ~秋だな~~~」

って。

しみじみできましたよ。

 

でも、今振り返ってみると・・・

 

いつのころからだろうか。

なんかどんどん感動が薄れてきて、酒を盛らないと楽しいと感じなくなってきていたんですよね(;^ω^)

あなたもそんな感じかもしれません。

でもこれ、人間の脳の性質上仕方のないことなのです。

 

人間には

=慣れる力=

が備わっているので、

脳&体が、一定のアルコールでは満足できなくなってくるんですよね・・・

 

今振り返ると、私も明らかに規定量を超えていましたよ(;^ω^)

 

例えば、学園祭 ウィスキー片手にうろついてたね

学生時代だけでなく、卒業してからもたまに母校の学園祭に遊びに行っていましたが、

どんどん酒量が増えてましたよね・・・(学校で飲むなよ笑)

 

最初、コンビニでビール飲んで、またキャンパスに戻っていましたが、それだけではどんどん足りなくなり、しまいにウイスキーの小さいバージョンを常にもって行動するようになってましたよ笑(ウィスキーじゃ見た目は周りにばれないしね。まあ匂いでばれるけどね)

 

んで、毎年毎年ウイスキー片手に、というかポケットに隠し持ってて行動してたんですが、そのウィスキー量も増えてきますよね(;^ω^)

 

 

今、季節の移り変わりを緩やかに感じることができているよ

で、今の感じがこれ!!!

 

禁酒・断酒して、これかなり大きいことなんですよ。

 

とにかく、

酒がなくとも季節の移り変わりを感じることができる

 

で、他の記事でも紹介していますが、

その感じがどんどん敏感になってきているんですよね。

 

酒やめたのが夏なので、

夏→秋→冬→春→夏→

 

ときて、秋に差し掛かってますが、明らかに楽しさが増してきています♪

酒飲んで、

「秋だな~」

としみじみ感じるのと同じになる日も近い気がしています♪

お茶でね!!!!!

(まだ、そのレベルまでにはもどっていない)

 

関連記事⇨ある禁酒・断酒男のお盆の記録

酒無しの快適さ、楽しさを知ってしまった!!!




 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す