酒をやめたい場合、病院しかないのか?




 

アルコール依存症は否認の病と言われています。

病院は、「自分は依存症ではない」って言い張っているのに、周りに連れられてってケースが多いようです。

 

そりゃそうです。自分の飲み方がおかしいからって高いお金払って病院なんかいきたくないですもんね(;^ω^)



退院したら絶対飲んでやるっていうリアル

「この病院を退院したら絶対に飲んでやる」

 

このような言葉、別にアルコール病棟では珍しくないようで・・・

 

 

 

根本的に治療をするってよりは、

とりあえず一定期間酒と強制的に隔離させる

ってのが一番かもしれません。

 

それ、意味ありますかね?

春先に未成年にわいせつをしていたことが明るみになった元アイドルも、

退院してその帰りに焼酎1本開けた

とのことですしね(;^ω^)

 

 

人によっては、全く意味ないことをしていることを認識できているんでしょうか。

 

入院、病院にお世話になる時間、お金、労力・・・

 

全て無駄以外の何物でもないでしょ(;^ω^)

 

 

そういう人は別に入院なんてせずに、家族を地獄に落とそうが何をしようが飲めばいいんですよ。それが本望なんでしょうから。

 

病院は魔法の場所ではない

もしも、酒をやめるために病院があるというなら、

かなりぼったくりと言わざるを得ません。

 

高いお金払って、(依存症と認定されると保健もでるみたいですから税金ですね)患者を入院させて、やめるプログラム受けさせて、

退院して速攻飲まれているわけですからね。

 

なぜ、日本中から文句がでないのか不思議でなりません(;^ω^)

 

まあとにかく言えることは、

別に病院いったから絶対にやめられるってわけでもない

 

ってことですよ。

できることと言えば、酒から隔離した生活を送ることができる

ってことですかね。

 

もちろん、それがきっかけで断酒に入れる人もいるでしょうけど、

 

病院があるから大丈夫

ではありません。

 

今の時代。これだけネットが発達しているので色々な情報を収集することができます♪

勉強してみましょう。

そのままあなたが酒を飲んだらどうなるのか?

酒の真実とは?

 

あなたにとって酒をやめることが必要であるならば、今すぐに、病院にいかずともできることがありますよ♪

(もちろん選択肢の一つとしての病院もありますしね)

 

 

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







酒をやめたい場合、病院しかないのか? はコメントを受け付けていません。 禁酒の知識