禁酒・断酒がくじけそうになったら




禁酒・断酒をしていてくじけそうになることはないですか?

という質問をたまに頂きます。

結論から言うとくじけそうになったことはないのですが、

それは私の意志が強いからというわけではないのですよ(^_^;)



自分が弱いのを知っている だからくじけない

意志が強いとか決めたことをやり通す

とかそんなのではなくて、

本当は自分が弱いことを知っているのですね。

だから一番自分にとって楽な政策をとっているだけにすぎないんです。

 

根性で酒をやめておられる方はまた別として、

我々元超絶のんべえが酒をやめて、楽しく、そして酒に未練なく過ごしているというのはここにテクニックがあるのですよ。

 

人間ですので、苦しいことやしんどいから逃げ出したいのは当たり前ですよね(^_^;)

そして禁酒・断酒を心に決めたのも、このまま行けば人生レベルで非常に苦しくしんどくなることが容易に想像できるからですよ。

 

それは、我々のアル中の先輩方の体験を聞いたり、書物で読んだりすれば一発で腑に落ちます。

 

まあ、一言で言えば

悲惨すぎる

ということに尽きます。

 

自分がそうなるとは思えない

というのであれば、そのまま飲めばいいと思いますが、

 

ちょっとヤバいな

と感じて、禁酒・断酒に踏み切るわけですよね・・・

 

 

その選択、あっているんですよ(^_^;)

 

所謂、普通と言われるレベルで飲んでいる人は、禁酒や断酒をしなくてももともと節酒ができる及びアルコールがあまり分解できない体質なのでしょう。

ところが我々にはそんなこと無理ですよね!?

 

この時点で、他とは違うのだということを認識することです。

 

そして、せっかく禁酒・断酒に踏み切ったのに、

くじけそうになる

 

というのは

 

超絶のんべえではないか、論理的に思考できていないかのいずれかなのですよ。

 

楽な方を選んでいるだけ

いいですか?

 

酒をこのまま続けて行けば、おそらくとんでもないことが起こりだすという予感がある人。

これはもう完全に色々起こってくるんです。(ご存知と思いますが)

そして、禁酒・断酒をしているあなたも、すでにそれが起こっているから、大好きなお酒と決別したんですよね?

 

その時に、くじけそうになるってのは完全に論理が破綻しているんですよ。

 

このままアルコールを摂取し続けたらヤバいと感じる(人生終わるレベル)

禁酒・断酒

しんどい

くじけて飲む

 

 

破綻していません?

 

私も酒やめて3~4か月後から8ヶ月目あたりまで、強烈な離脱症状に襲われまして、それはそれは慢性頭痛、慢性動悸、悪寒などなどの強烈なものでしたが、

くじけそうだから飲む

 

という選択肢は無かったのですよ。(飲んだら離脱症状が一瞬とまることはなんとなく分かってましたが)

 

 

なぜかというと、

そっちの方(断酒)が楽ってことが分かっているからです。

情報を集めていくと、

この離脱症状というものは誰にでも訪れますが、どの文献を読んでも一過性のものに過ぎない。そしてそこを超えると、日に日に楽しくなってきて、やがて酒無しでもあの頃の酒を飲んでいる時と同じ、もしくはそれ以上に楽しいと感じることができる。

 

つまり、離脱症状と近未来の大酒飲みの末路を天秤にかけた時、

どう考えても、離脱症状の方が楽過ぎる!

 

この事実を知っていたからです!

で、私も乗り越えてきて

 

マジでした!!!!!

私、結構損か得かで考えるくせが付いているので、

禁酒・断酒してくじけそうって言っている人に一言。

 

くじけて飲んだ方が、人生レベルで考えた時、明らかに損だししんどいよ!

 

関連記事⇨酒を飲んでいることで起こる、とてつもない機会損失

禁酒・断酒のデメリット



 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す