酒の空き缶を見てほくそ笑む




すごい嫌な奴ですけどね~(笑)

酒の空き缶を見て、ほくそ笑んでいる自分がいました(;^_^A

 

 



来客時に感じること

例えば、

私の実家でも、妻の実家でも、

 

来客があった時、必ずビールや酎ハイの空き缶があります。それもなかなか結構な数のね・・・

 

この前も妻の実家に行ったとき、見たことあるおじさんが何人かはいたんですが、

 

帰った後のキッチンの様子&空き缶はいつも同じ(;^_^A

 

「なんだかな~」

 

と笑ってしまいました。

 

この「なんだかな~」には

色々な要素が含まれていると思いますが、

 

少なくとも言えることは

 

俺は脱出してよかったな

 

ってことですね♪

 

だって客観的にみるとね、

 

いっつも同じことしているんですよ?

 

酒飲んで、まだ酔わないまだ酔わないって言ってひたすら注入して、挙句の果てにしんどくなったり気持ち悪くなったり吐き気がして、横になる。

 

それをいっつもしているんです。(まあもちろん私もでしたけど(笑))

 

その行動に、本当に価値を見出すことができなくなっちゃいました(;^_^A

 

それは嗜んでいるのではない 囚われている

全員思ってますよ。そのおじさんも然りで

俺は酒を飲んでいる

 

って。

 

でも、こちら側から見ると

 

飲まされているようにしか見えないんです。酒を・・・

 

 

そのおじさんがどうなろうが知っちゃこっちゃないですが(笑)

 

まさに昔の私。

 

好きに飲んでいたつもりが、飲まされていただけだった

 

と気が付くと、

 

アホらしくて飲んでいられません。

 

自分で能動的に飲むとのはわけが違いますからね。

 

嗜むのであれば、

 

「あってもなくてもいい」

となるのが正解です。だって嗜むんだから。嗜好品なんだから。。

 

でも、彼らにとって、昔の私にとって

 

ないと何も成立しなかったんですよ。生活そのものが・・・そのビールがないとね。

 

不自由だろうな~

 

とほくそ笑む私がいました(笑)

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す