MENU

酒飲みを豪快だと描写した昭和

 

「酒を愛し、酒と心中した男」

とか

「酒とともに生きた豪快な生き様」

 

なんて表現されてきましたが、

 

もうそんな時代は終わりを迎えています。

 

 




酒を飲んで豪快?被害にあった方々の気持ちは??

 

「豪快か何か知りませんけど、被害者に対しての賠償責任は?」

って、言われる時代なんですよね。

現に、若い俳優とかジャニーズとかが酒で問題を起こしたら、大問題になっていますよね。

 

犯罪になっているのはもちろんいけませんが、飲み会の席での出来事まで盗撮盗聴されている時代ですから・・・

別に犯罪をしているわけでもないのにね。

これはこれで肩身の狭い日本だなとは思います(;^ω^)

 

そんな時代に

「酒を飲むワシは豪快や」

って思っているなんていうのは実にヤバいです。

 

「酒で被害にあった人の気持ちはどうなるんだ~」

っていう意見が、関係のない方面からも間違いなくとんできますしね。(まあ、それは最もな意見だと思いますが・・・)

 

 

 

昭和の感覚がたまに残っているけど

たまに、父や母が見ているテレビとかついているのを見て、懐かしい系の歌が流れてきて

「酒好きだった盟友に捧げます」

的にやってますがね。

 

もう、それは通用しない時代になってきている時代なんですよね~

 

同じことを現代っ子が言ったら、

 

「豪快?何いっているの?そんなの、被害にあった方の気持ちはどうなるの!」

ってなりますから・・・

 

全く同じことをしても、全く同じ酒を飲んでも、評価が違う。昭和では豪快と言われ、今は白い目で見られる。

 

時代の流れなんですよ。仕方のないことです。

昭和の名優と言われる酒飲みスターたちが今生きていたら、めちゃめちゃ訴えられたりするんでしょうね(;^ω^)

 

今や酒飲みなんて豪快でもなんでもないんです・・・

この記事を書いた人