禁酒と睡眠の関係




=夜、酒を飲まないと眠れない=

という理由で酒を飲む人がいます。

でも、それ、まやかしって知ってました???

酒を飲んだら熟睡できない

大きく分けて問題点が2点挙げられます!

1、アルコールの量が増えてしまう

2、熟睡できない

 

まず、1について。

確かに、少量のアルコールは気分を落ちつけ、眠りを誘発しやすいという側面もありますよね。だれもが感じた事があるでしょう。

でも、少なくとも禁酒を考えだしているあなたは、

そのアルコール摂取量が

=少量じゃなくなってきてる=

んですよね!?

 

でも、それは当たり前のことなんですよ。

 

人間には耐性があるので、

同じ効果を得るためには

どうしても最初の量では得られないようにできてるんです。

で、

ひたすら量が増えてくるんですね(;^ω^)

 

そして2について。

アルコールを飲みながら寝ると、

熟睡できていると思いきや、まったくできていない

ということが科学的に分かっています。

それは、みなさんの体験からも明らかですよね!?

 

飲みすぎて、よくわからないうちに爆睡していて、朝起きたら全く体が回復していない(別に二日酔いでなくとも)

なんてことありますよね!?



アルコール分解のために、他の修復パワーを使ってしまう

これのメカニズム♪

人間は寝ている間にいろいろな部分を修復するんですが、

そのパワーを全部アルコールの分解にもっていかれるわけです。

体にとって、毒素がはいってきているので、必死に分解しようとするんですね!

だから、他の体の部位の復活なんて後回しになっちゃうんです。

 

断酒をして、数日、数週間は寝にくいとか寝苦しいとか、寝付けないとかの症状がでるでしょう。

でも、そのうちにどんどんそれがましになってきます。少なくとも寝ている間には今までアルコール分解に使っていたパワーを有効な部分に回しだしているので♪

酒をやめたら、朝起きた時、とんでもなく爽快な朝が、毎日一生続くんですよ♪

関連記事⇨禁酒のメリット=髪の毛編=

お酒が抜けた後の症状 離脱症状




 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す