禁酒・断酒したら飲み会はどうなった?飲みたいと思わない?




禁酒・断酒したら

飲み会ってどうなるの?行って面白いの?

 

毎日酒飲んで、酔いどれて、赤ちょうちんの店を行脚しているのんべえからすれば、このあたりが気になるところの大きな部分でしょう。

 

毎日とは言わずとも、週に何回かあった飲み会。禁酒・断酒したらそれらがどうなってしまうのでしょうか。



禁酒・断酒して飲み会自体、行かなくなった

ここを、懇切丁寧に酒やめたい人にお伝えしたいのですがね・・・

 

別に我慢していないのですよ(^_^;)

そして、酒が目の前にある状態が嫌だから行くのをやめているのでもないのです。

 

究極の結論から行きますと、

面白くないんですよ・・・飲み会。

え、あんなに面白かったんですけど(^_^;)(自分の心の声)

でも、その理由も分かっているんです。

アルコールで頭フっ飛ばして、途中から会話の記憶が無くなるような行為をしていたので、自動的に面白いと感じていたのでしょうが、

全く身のない話を同じ人と延々繰り返してるだけ。

あなたの経験にもあるはずです。

その人とその会話、素面だったらしますか?って話なんです。

飲みたいだけで、あとの会話&周りの人なんてどうでもよくなる。いつの間にか酔いどれて、そのころにはなんか楽しい感じなだけ。

次の日どうですか?

「あれ誰やねん」

な人いるでしょ(笑)一生会わないでしょ(〃艸〃)ムフッ

 

で、禁酒・断酒して、もっともっと考えて考え抜いて今出ている結論が

時間がもったいない

 

ということなんです。

四六時中素面となると、ずっと頭が働いているわけです。

見えるもの、感じるものが飲んべえの頃と全く違って見えるんですよ。

あの頃に感じていたはずのことが、今は感じない。

そして、あの頃に感じていなかったことが、今感じる。

 

自分にとって、どちらが有益ですか?

 

って問われたとき、答える必要もないくらい今なんですよね。

 

酒飲みたいと思わないし、飲み会に行きたいとも思わない でも、面白そうなら行く

だから、酒があるからとかないからとかいう問題では無くなったんですよね。

何度も言っているように、

禁酒・断酒当初は酒を避けるために、飲み会に出たいと思わなかったし、飲みたいと思わないようにさせていたって感じです。

でも、

今は本当に違う。

無駄なんです。無駄なことしたくないんです。

 

だから、

もし超絶のんべえが集まる飲み会でも、面白そうだったり、新しい発見がありそうなら喜んでいきます。そこに行くことで、新たな発見があり、また自分にとって有益なことであれば、酒があろうがなかろうが関係が無くなっているのですね。

 

つまり、酒を飲みたいだけの状態だったよってことで全て説明がつきますよね。まあ、のんべえ時代からうすうす気づいてはいましたが、酒を飲むために、今日は誰と会うのか、どこへ行くのかということばかり考えていましたから(^_^;)

 

会わなくていい人と会って、仲良くなった気になって、そして時間だけが過ぎていく・・・(もちろん、犯罪がらみの会わなくていい状態とかはおいておいたとしても)

 

そんな無駄なことをする気持ちが一気になくなりました。

どうやら、人生の先輩方が言われているように、人生はあっと言う間に過ぎ去っていきそうです。一日一日を大切に生きたいものです。

禁酒・断酒したら、無駄な飲み会に別に行きたいと思わない。これが、結論です!

(飲み会と言われている9割以上はそういう意味では私は無駄でした)

関連記事⇨禁酒・断酒への道のり 誰にでも当てはまるよ♪

飲めば飲むほどみじめになるって話



 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す