酒が増えてきたら依存症くらいに思ってちょうどいい♪




依存症対策の記事が結構でてきてますが、

素面で読んでいると

危なかったな~って思います(;^_^A

 

 



え?酒が増えてきたら依存症??・・・

以下の記事がありました。

お酒の量が増えてきたかも……そう思った時が「アルコール依存」になるかどうかの分かれ道

 

記事の題名にもありますが、

 

お酒の量が増えてきた時に、いかにやめるかが依存症になるかならないかの分岐点

とのこと。

 

普通に考えたら、

目安が低すぎな気がしますよ。

酒の量が増えてきているなんて、結構な人に当てはまりそうですし(;^_^A

 

文中には

依存前:機会あるごとに飲み、酒量が増加する(機会飲酒)→毎日飲むようになり、お酒に強くなっていると感じて、量が増えていく(習慣飲酒)

初期:お酒が切れると、イライラしたり、落ち着かなくなる。さらに、下痢や不眠などの軽い症状が出始める。飲んでいる間の記憶が飛ぶなどの症状も表れる

中期:判断ミスなどが増えて、周りとトラブルを起こすことが増える。禁断症状として、ふるえや恐怖感を覚えるようになる。迎え酒などもするようになる

後期:食事をとらなくなり、すべての時間をお酒にあてるようになる。お酒への禁断症状(ふるえやうつ状態)が怖くて、お酒を切らすことができなくなる。場合によっては、肝臓などに機能障害が起こる

 

とあります。

 

まさに依存前でやめておかないと、

あとで大変なことになるよって話Σ(゚д゚lll)ガーン

(私たちはよく知っていることですが)

あなたは一体どこの場所だったでしょうか・・・

ということは、アイツもこいつも焼鳥屋の店長も・・・

そんなことを言い出したら、

 

友人のアイツも、上司のあの方も、後輩のY君も誰もかれも当てはまってしまうことになりますよ(;^_^A

 

そして、その通りなんですよ!結局はね・・・

 

これがグレーゾーン飲酒なる人がめちゃくちゃいるってことになるんです。

 

私の年代(30代後半)

会うたびに酒が増えてきている人がいます。

「お前そんなに飲まなかったよな?」

って感じの人が、明らかに酒好きになっている。

 

ひたひたと忍び寄ってきているんですね。アルコール依存症が(;^_^A

だから、

酒が増えてきたな、と感じた時点で、

「依存症くさいな」

って認定したほうが身のためなんです。

 

酒が増えてきたどころではなかったあなたや私は、病院に行って診察されてなくても

 

もうアル症でいいいです。そのほうが手っ取り早いですよ♪

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す