2016年~~2017年禁酒断酒総括




2016年の7月25日に突然酒をやめてから、

ハッキリいって人生変わりました!

というか、酒をやめるとは!!

しかも、まさか酒やめるだけでこれほど全てのことが変わるとは思ってもみませんでした。

 

今日は2017年の12月31日大晦日。

酒やめてからの変遷(2016年7月末~2017年12月末)及び今年一年を振り返っていきたいと思います。

禁酒・断酒して間もない人の参考になればうれしいです。



禁酒・断酒 0ヶ月 7月

やってしまった感、満載の7月でしたね。

2016年7月の最終日曜日。友人の経営する恐ろしくうまい最高に好きな焼き鳥屋でやっちゃいました(^_^;)(あの時はマジゴメン!友人!!)

もうあの時の感情は本当に言い表せません・・・

面目ないし、申し訳ないし、かっこ悪いし、

なのに、

基本的に覚えてね~~~~~~~~~!!!!!!!!!

 

もう完全に終わってますよね。

これまで、もちろん酒飲んでトラブルになったことは数あれど(あかんがな!)、

記憶を失ったということが無いのですよね。

ですから、全て論理的(と本人は思っているだけですが)に考えて、俺が正しい、そしてもちろん悪いときは悪いという感じの人生できたのですが・・・・・

 

朝起きてものすごく胸糞悪い感じがする。顎から血が出ている。口が開かない。

 

そして何より、ものすごく迷惑をかけてしまったという感じだけはあるのにも関わらず、詳細は覚えていない。

 

もう、発狂しそうでしたよ・・・

 

詳しくはこちら

禁酒・断酒で、わが愚行と=しっかり=向き合う

こうなってしまっては、ということで一応2,3日酒やめてみようということにしてみました。

それに、他の記事でもお伝えしておりますが、顎を粉砕していたので、飲むどころか口が開かなかったんですよね(^_^;)ほんとボールペン一本分しか開きませんでしたから。1週間ほど・・・

だから禁酒・断酒初日の感想というのはおそらく他ののんべえの方たちとは違うんですがね・・・

 

一般的には

「うわ~飲みたいわ」

でしょうが

「口痛い」

の一言でしたから。

ほとんど飲まず食わずで7月の最後の週を終えたものです。

 

 

そういう意味では脂汗が出てのたうち回ることもあるという、禁酒・断酒直後の離脱症状は全くと言っていいほどなかったのです。そういう意味では、今考えればラッキーでしたね。

あなたが現在断酒初期の離脱症状に苦しんでいるおられるとしたら、それはとてつもないことのはずです。私だって、普通のノーマル(つまり顎を粉砕していない)な状態だったらここまでこれていたかわかりません。

でも、この後の来る、離脱症状の壁期がとてつもなくつらかったのは、この初期の離脱症状を経験していなかったからだと分析しています。

つまり、今酒やめたばかりで飲酒欲求にさいなまれている人は、後々楽になってくるって感じですかね。

 

だからむしろ、今の離脱初期症状を歓迎してあげてくださいね♪

禁酒・断酒 1ヶ月目 8月

そして、私の大好きな夏本番がやってきたわけですね~~。

今までの夏といえばビール飲んで毎日死ぬほどキャピキャピやっていたのに、急に酒が無くなったわけですから。

どうやって動いていいかわかりませんでしたよ(^_^;)

ほんと

「ビールもない夏なんて何して過ごすんだ」

って感じ。今から考えても何をしていたのか詳細は明らかではありません。それほど衰弱していたのでしょう(笑)

 

そういえば、夏と言えば必ず日焼け促進クリーム塗って海沿いで酒飲みながら焼いてましたが、それも一切なくなりましたね。というか、太陽光を浴びるのが嫌になっていたんですよね。日中に外に出たくないというか・・・

だって、周りを見渡したら絶対にビールが目に飛び込んできますからね。

 

うだるような暑さの中、そこらうち中に自動販売機があるわけです。どういうわけだか目に入ってくるのは酒の自動販売機。ビールがまばゆいばかりに輝いていますからね(;^ω^)そんな状態から避けるため、物理的に酒がありそうなところに近づかないようにしていましたね。自然とね。

夏にビール無さそうな場所なんて見つけるほうが難しいですよね。だから家に籠るしかなかった。せっかくの夏なのにね・・・

 

唯一、この時初めて酒無しで花火を見に行ったのを覚えています。酒やめて2週間くらいってところでしたね。やっぱり、花火大会会場の周りで歩きながら酒を飲んでいる人を恨めしそうに見つめまくっていました(笑) もうあの時の目はえぐいんじゃないでしょうか(;^ω^)知らない人にようそんな目で見るなってくらいだったと思います。当然花火で感動することもなく、本当に抜け殻のような状態でした。

禁酒・断酒 2ヶ月目 9月

かろうじて、9月の最初に石垣島旅行に行ったのですが、はっきり言って全然おもしろくなかったですね~(^_^;)一緒に行った友人には申し訳ないですが、これは仕方ありません!今までどこでも酒とともに歩んできた男が酒無しで急にバカンスを楽しめと言われてもこれは不可能でした。もっと言えば、面白いとも感じなかったっていうのが近いかもです。無の境地なんですよ。

石垣島一緒に行って、突然友達に無の境地になられたら腹立ちますよね(笑)

でも仕方無かったのですよ。ごめんな!親友!

関連記事→禁酒・断酒 一ヶ月目 石垣島に行く

 

それ以外は何もなく、無情な日々が過ぎていくくらいですかね。特に飲酒欲求もありませんでしたが、人生全般に浮き沈みがないというか面白いとも嫌とも思わない感じ。人間らしい感情が急速に失われていってたのかもしれません。

後半くらいからは、酒にこれまで以上に敏感になっていましたね。スーパーなどの酒コーナーはもちろん近づかない。もう半径何メートルやねんくらい遠ざかっていました。

また、今から考えたらおもしろいのはテレビですね。普段テレビ見ませんが、不意に何かついている時があって、酒のCMや酒を飲んでいる番組がでてきたらすぐに消してましたから。特に覚えているのはダウンタウンが出ている酒飲みながらゲストと話す番組。ダウンタウン好きだし、たまたまテレビつけてやってたら見れば?ってくらいの内容なんでしょうけど、一瞬で消していましたよ。大の松ちゃんファンなのに酒飲んでいるだけでアンチになってました(笑)勝手なものです・・・


禁酒・断酒 3ヶ月目 10月

このころになると、甘いものをずっと欲しはじめていました。酒飲み時代の反動でしょうね(^_^;

ただ、やはり酒も半端なく飲むので、甘いものもマジ半端なく摂取し始めてましたよ。やっぱり極端なんですよね汗(まあその極端さが功を奏して酒やめるまでに至っているわけですが)

余談ですが、この極端さが私があなたに断酒を心から勧めている理由の大きな一つなんですよ。結局、普通の人、一般の人は、

あなた(私も)ほど飲まないんですよ。

この極端さを逆手にとってやれば断酒、人生ともにうまく回りだすんですがね♪

 

関連記事⇒元超絶のんべえ→断酒者=最強

 

断酒して3か月。今までの一生で、こんなに大福食べることは二度とないなってくらい食べまくりました。体重はあまり変わっていませんでしたが、これまでのアルコールの代わりに、常に甘いものが頭の中にあるという思春期女子高生も真っ青のとんでもない日常でした。

禁酒・断酒 4ヶ月目 11月

息子が生まれたんですよね~。長いこと彼女として連れ添った奥さんと結婚して、子どもできて・・・

うれしいな~。楽しいな~となるはずですよね(;^ω^

 

ところが・・・

でしたΣ(゚д゚lll)ガーン

何一つ感情が生まれなかったことを覚えています。

別にうれしいという感情に限らず、何かしらあるじゃないですか?

たとえば、

これから責任重大やぞ、

とか

もう、あんまり遊べないのか?俺??(笑)

みたいな。

そんな感情も一切湧かずひたすら

でした。

無の境地とはこういうことを言うんだね~と思いながら、自分の初めての息子を見たことを昨日のように思い出します。(;^ω^)

実はここまでの禁酒・断酒生活で、面白くはないけれど特に困ったこともなかったのですよ。まあ簡単にいうと概ね順調って感じでした。ですので、私自身も驚いていたのですよ。

 

この時はこの先にとんでもない離脱症状が待っているとは知る由もなかったのですね。

 

息子が大きくなって意味が分かってきたら、

「ちゃんとうれしかったはずなんだよ~。酒でおかしくなってただけだよ。現に今大好きだよ。生まきてくれてありがとう」

ってちゃんと言います(笑)

 

 

禁酒・断酒 5ヶ月目 12月

完全に鬱状態に真っ只中です。今から考えればね!

人生で鬱という状態になったことはないつもりですが、あるとすればあの感じだな、というのがここの時期です。

やることなすこと全て面白くない。常にドキドキ動悸がする。頭は慢性的に痛い。

なかなかの大変な時期でした(^_^;)

 

覚えているのはクリスマス。

毎年のように彼女=現奥さんと町でご飯にショッピングを楽しんでいましたので、この時もGO!

しかし、この時のクリスマスはずっと心臓ドキドキ、頭ガンガン。

町に流れるクリスマスソングがものすごく耳に障りました。そして、案の定無意識でひさすら飲んでいる人を探している。

クリスマス近辺なんて、朝から酒飲んで、有馬記念予想してっていう一連の流れができていましたからね。WINS(場外馬券場)の近くに行ってもなぜか今日は開催日か?なんて思っちゃってましたね。

 

そうそう。お昼ご飯にステーキを食べに行ったんですよ・・・クリスマスだからって慣れない店に入ってね。(ちなみにクリスマスだろうがなんだろうがひたすら焼き鳥かホルモンでしたので)

 

目の前で焼いてくれるんですが、当然隣の方たちはビール飲んでいるんですよ。

「俺は何をやっているんだ~」って思って、泣けてきましたね。

奥さんにはばれなかったでしょうが、大の大人がクリスマスのお昼ご飯のステーキ屋で泣きそうになっているんですからね。

悔しくて(笑)

その後、町へショッピング。

酒飲み時代、ず~~~っと酒を片手に街中を歩いていたので、違和感だらけなんですね。なんか俺らしくないというか、ていうか楽しめないし。

 

酒やめて初めてのクリスマスなんです。行動パターンが変わってきますよね。でもやっぱり心は酒飲みなんですよ・・・

 

ちょっと休憩ってことで、いつもなら早めから開いているホルモン屋でつまむ感じしたが、慣れないコーヒー屋やさんに入りました。コーヒーの種類なんて全く分からないんで奥さんに任せてね。コーヒー屋さん。5分くらいででましたよ。もう発狂寸前でした(;^ω^)

「だれが、クリスマスにコーヒー飲んで落ち着けるねん!!!」

ってもう一人の私が叫んでいたのでしょうね・・・

そういえば、あれはもう一年前だな~と感慨深くなります。喉元過ぎればではないですが、こうして振り返るともがいている自分の様が滑稽ですね(笑)

と同時に、

あの苦しさしんどさを体験しているからもう二度と飲む気にならないということも言えます。

もっかいあれ体験するの嫌ですからね・・・

禁酒・断酒 6ヶ月目 1月

2017年の年があけて、いわゆる離脱症状の壁期というのが襲ってきていました。このころ、自動的にやっていた習慣といえば酒に関する情報収集です。

この慢性頭痛、動悸は一体何なのだ?酒をやめたらこんなことになるのか??

なにもかもが初めてですからね。この時の経験をみなさんに伝えたくて、このブログを書いているといっても過言ではないのです・・・

このころに読み始めたのが何度も紹介している

のみすけさんのブログ→酒をやめてhappyになろう!

なんですね。

 

 

この時にはじめて

=同じような体験をして、苦しんでいたけれど今は大丈夫だよ=

って言っている人がいることを知ったのですね。

しんどい頭の中、毎日毎日ブログを読んでましたが、

「そんなん嘘でしょ~~~」

って思うところもいくつもありましたよ(;^ω^)

禁酒・断酒して一年くらいしたら、別に酒要らなくなりますんで

 

的なことを書かれているのですが(というか私も今書いてますが)

「そんなわけないがな~」

って思ってましたもん。

だから、禁酒・断酒したてのあなたがこのブログを読んで、

「そんなわけないがな~」

と思う気持ちもよく分かる!

 

で、人体実験の結果

マジ!

ですから(笑)

 

ここだけはしっかりと覚えておいてくださいね♪

 

その他にはマインドフルネスをはじめ、呼吸法をたくさん知っているのでそれで乗り越えましたが、あれがなかったらどうなっていたことやら・・・辛すぎて(笑)

何故だか分かりませんが、酒を飲めば治るということだけは自信を持って分かっていました。しかし私の中では飲むという選択肢はありませんでしたね・・・せっかく半年頑張ったんだからもうちょいだろう、と。


禁酒・断酒 7ヶ月 2月

この辺りはもうあまり記憶にないくらいですね。

日々自分自身と一人で戦っていましたから。

11月に生まれた息子が奥さんの実家に3か月ほどいたので、基本的に一人なわけですよ。

のんべえのあなたなら何します?

てかのんべえじゃなくても酒くらい飲みますよね。で、たまに友人などと会って飲んだりもしますよ。

私、それがなかったんですよね。家で話す人もいない。酒もない。酒ない状態で外に出る気もない。でも頭痛&胸がズキズキ・・・

これは昔の私では到底耐えられませんでしたね。

何をしていたかというと、ひたすらマインドフルネスと読書(勉強)をしていましたよ。もう本当にひたすらです。

毎日毎日お風呂に行って、風呂仲間のおじいさんたちとお話をするのが楽しみでしたね(^_^;)

で、そうこうしているうちに息子と奥さんが返ってきて、素面での話相手が風呂仲間以外にできて少しうれしかったのを覚えています。笑

 

でも、今の自分の状態を分かってくれる人は皆無なんですよね(;^ω^)奥さんなども、子育てに忙しいし、そんなにしんどいなら飲めば?くらいな感じですから。

同じ土俵で、話を共有したり思いを分かちあったりするのってとても大切なことだと感じました。

禁酒・断酒 8ヶ月 3月

春の便りも届き始めるころですね。

私(多分あなたも!)にとって何とかしなければならない行事。お花見の時期でもあります。

3月も末になるとお花見のニュースが流れだして、酒飲みの血が騒ぎます。このころになるとさすがに飲酒欲求はほとんどなくなっていましたが、楽しいことをできていない、人生を満喫できていないという喪失感でいっぱいでしたね。

ですので、あれだけ好きだった桜開花情報も一度も見ることなくあっという間にシーズンはすぎていきました。

やっぱり、ちょっと損しているな、って思ったような気がします。

毎年桜の名所にはいくつも訪れていましたからね。ちょっと時期が過ぎても山奥に行けばまだこれからってだけでそこまで行ってましたから。ビール飲みたいだけですけどね笑

 

この頃から、世間の酒に対する意識の変化に敏感になっていたような気がします。どこかは忘れましたが、お花見のマナーが悪いので、酒を飲むのを禁止にする場所がでたと。

前年の私ならスルー、もしくは大憤慨をしていたでしょうが、この時の私はちょっと小さくガッツポーズ(嫌なやつやな(笑))

人って自分の今の現状で感じ方が180度変わるもんですね~(;^ω^)

 

禁酒・断酒 9ヶ月 4月

なんとか大きな離脱症状を乗り越えた感がありました。

一応、離脱症状の壁期ってのあって、

最も恐ろしいステージ3 =壁期=

3か月目から~8,9ヶ月目くらいとされているのですね。

個人的には期間がそれより少し長かったかもですが、確かにそこから抜けた感じでした。

普通に外に行っても酒に反応しなくなってきていたし、テレビなどで酒が写っていても別に何も感じなくなっていました。

春というか久しぶりに季節というものを感じることのできた4月でしたね。

 

禁酒・断酒 10ヶ月 5月

もう酒のことを日常で思うことも無くなってきつつありましたね。外に出ていく量も増えてきました。

この頃、不意にスーパーのビールコーナーを通った時に妙に冷静だったのを覚えています。それまで避けてきたパンドラの箱、ビールコーナー。本当に何の興味も無くなっていたので、不意に通ると

「うわ、懐かしい~」

って感じ。

 

私が酒飲んでいた当時より全体的に値段が上がっていたので、

「ラッキー」

って思ってました(笑)

 

酒コーナーもしばらくいかないと本当に興味なくなりますね。ラベルも全然知らない酒が出ていたし、しかもそこでしっかりと酒の種類も吟味したのですが、特に心が振れないんですよね。子どもの頃、親に頼まれてビール買うけど別に興味はないというあの感じかな。

 

もう一つ。久しぶりに酒飲みの友人と会って話をしたんですが、普通に楽しめたんですよね~。もちろん相手は死ぬほど飲んでましたが。

 

「え、酒無くても楽しく会話できるん?」

ってこの時はまだ半信半疑でしたが、ひどく興奮したのを覚えています。

 

 

私の中で何か一つ壁を乗り越えた感じがした月でした。

禁酒・断酒 11ヶ月 6月

一番大きかったのはこのブログを始めたことですね。

私、基本的にじっとしているのが苦手でして、それこそ酒飲みながらでも筋トレしたり、楽器触ったりとウロウロしていたのですよ。ましてやパソコンの前で座って作業するなんてもってのほか。ブログどころがパソコン関連全く分からない、そしてやりたくないので全部奥さんにやってもらってましたから。

 

それが、突然ですよ・・・

私無宗教ですが、これをまさしく神の啓示というのでしょう。

 

いつものようにマインドフルネス瞑想をしていたら、

ブログをやってみよう

ってきたんですよね(^_^;)

 

あり得ないですよ。これまでの私からしたら。

 

でも、ピンときたのをやったらうまくいくことは知っているので、速攻で知らべまくって、自力で本などを読みあさって、思いついた3日後にはブログがスタートしていました(〃艸〃)ムフ

 

我ながら驚くべき行動力ですが、そんなこんなで2017年の大晦日の午前7時。禁酒・断酒のブログを今現在も書いているのであります♪

 

もう禁酒・断酒は安定してきていたのですが、断酒のダメ押しのために始めたブログ。毎日書くことで自分に再認識させている感じでとてもいいのですよね。しかも今のネット社会。酒やめようと思ったら、やめ方とか禁酒とかまずネットで調べますよね。私もそうでしたから。そのような人への啓発にもなればいいよな、と思い今後も続けていきますよ♪

禁酒・断酒 12ヶ月 7月

初めて禁酒・断酒をされている方々と実際にお会いして話をする機会がありました。先にも紹介しているのみすけさんという方のブログに集う元大酒のみ、元アル中レベルの集団なんです(笑)

 

素面で、そんな人たちと会うなんてどんな心境やねん

て今でも思いますが、一緒に会食をするとこれが本当に楽しかったんです。

飲酒欲求自体あまりなく、かなり安定していたこともあるとは思いますが、ノンアルコールで5時間ぶっ通しで楽しく居酒屋で語り合いました。(居酒屋さんからしたら何しにきたんや、でしょうが(笑))

 

はっきり言って、私の禁酒・断酒人生(まだまだ短いですが・・・)の中で、確実な気づきがありましたね。

ズバリ。

「あ、これでよかったんや」

 

ってことです。

 

その時の参加者は平均50歳前後。みなさん私より2まわりほど上です。

その方たちが口をそろえて言うんですね~

 

「いいな~小太郎君。早くに気づいて」

「自分も小太郎君の年で気づいていたら何ができただろうか」

「小太郎君の年あたりからむしろ酒量増えたけど、何一つ残っていないよ」

 

とね。

 

これらの言葉には本当に力をいただきました。

はっきり言って、私が(そしてあなたも!)このまま飲み続けていったらなっていたであろう方々なんです。(アル中の先輩とよんでますが)

で、その人たちが口をそろえて言っている。

「飲まなければよかった」

と。

 

なんか未来の自分がワープして今の自分に教えに来てくれている感すらありましたよ。

あなたも禁酒・断酒している人たちに会ってみることをお勧めしますよ♪

 

=自分の道、これでいいんだ==

って思いなおせますから!

くしくもこの時期、禁酒・断酒して一年を迎えたわけです。

それはそれは淡々としたものでしたね(笑)

 

冷静に炭酸で乾杯だけしました♪


禁酒・断酒 13ヶ月 8月

ここから全ての月が禁酒・断酒して2回目に入っているのですよ。

だから、去年のことを思い返すとすべて今より最悪なわけです。

 

こうなると楽ですよね~!なんか酒飲まない飲み会みたいのもたまにあれば参加するくらいにはなってきていました。普通に酒場に行って酒飲まなくても、飲んでいる人と会話できるんだ、ってひどく関心しました。そしてその事実に感動を覚えました。

とはいうものの、やはりこれまでの遊び方、はっちゃけかたではありませんでした。

実に控えめな夏が過ぎていきました。まあ酒飲み時代の面白さが10点満点とすると、断酒1年目の夏はマイナス点、この時は3点て感じかな(;^ω^)

 

一度だけ花火大会に行きました。酒やめて2週間で行った花火大会。その一年後、心身はどのように反応するのかという実験も込めてね。

 

結果は良好。それなりに花火を楽しむこともでき、酒を飲んでいる人たちのことも気にならなくなっていました。

しかし、もちろん道ですれ違う人全ての人が缶ビール缶チューハイを持っているかチェックは怠りませんでした。(無意識が勝手にしちゃうんです(^_^;))

 

もちろん大勢の人が飲んでいましたよ。それを見ても、

「まあ、人は人だから」

という感情になっていました。

そんなこんなで3点の夏が過ぎていきました(笑)

禁酒・断酒 14ヶ月 9月

最大の関門と思っていた友人の結婚式がありました。

のんべえ友人も集まる結婚式。

 

まず、生まれて初めてでしたね。車で結婚式場に行くの笑

 

ありえないでしょΣ(゚д゚lll)ガーン

以前の私なら、車でかけつける友人がいようものなら

「君は何をしにきたのだね?人をお祝いするということが分かっていないのかね?」

 

なんて言ってましたが、(^_^;)

 

私がそれになってました。

私たちの年代は各々家庭も持ち出して、会う機会も限られてきています。久しぶりに飲もうって話にならない方がおかしいですよ・・・

のんべえ友人に何度も何度も

「飲まないのか」

「どうしたんや」

と聞かれながらも、ノンアルコルビールを大量に頂き事なきを得ました。

ノンアルコルビール&炭酸水ドリンカーのどっしらふ状態で、頼まれたダンスを披露宴でキレッキレに踊って、2次会の司会もやらせていただきましたよ。

 

言っときますが、素面ですよ!?

 

よく頑張ったと本当に思いました(笑)

 

 

 

でも、これが意外だったんですが、

やはり禁酒・断酒して一年も超えると別に酒をあえて飲みたいという気持ちにはならないんですよね~。

もちろん淡々と時間は流れる感じではあるのですが・・・

 

変わったことと言えば、後の会ですかね。

久しぶりに会う友人ということで3次会、4次会に行く人もいましたが、そうそうに2次会で帰りました。

なんかそのあたりは、しつこいですが淡々とした時間が流れ、ひどく冷静な自分が常にいる状態なのですよ(^_^;)

親友の結婚式の2次会の帰りに自分で運転して家に帰るとは・・・

 

なんか自分でおかしかったですね笑

 

禁酒・断酒 15ヶ月 10月

淡々と時が流れていく感じですね。

飲酒欲求ゼロ。久しぶりの友人が飲みにいこうと言えばたまに行く。そして酒飲み時代によく言った居酒屋で私は炭酸、相手はビール。

この頃になってくると、相手が酔ってくる状態を観察するのが楽しくなってきていましたね。もう余裕って感じ♪

 

私の中では酒を飲み物としてみなしていないので、別に肩肘をはるわけでもなく、むしろ友人が酔っていく滑稽さを楽しむというちょっと性格の悪い遊びをしていました(笑)

 

もうこのころからうれしい感じがどんどん復活してきているのですね。

大学時代の友人に5年ぶりくらいにあったのですが、これが本当に楽しくてね・・・

酒飲んでないのに、久しぶりに徹夜で飲むか、くらいの勢いで楽しかったんです。

これは本当にうれしかったですよ~♪

 

「あ、俺のあの感覚。戻ってきてるわ。酒無くても」

って感じですかね♪

 

酒やめる恐怖で大きいのって

「あの頃の楽しさを二度と味わえない」

っていうのでしょ!?

 

てかそれが大丈夫だったら、酒無くてもいいじゃないって感じですよね。

 

正直酒やめて、すべての欲求が無くなって、

「この人生おもろいんか?」

までいったんですが、

じわじわくるんですよ。戻ってくるんです!

 

楽しさがね♪

 

禁酒・断酒 16ヶ月 11月

趣味でジャズピアノをしているのですが、その発表会が毎年11月にあるんですよ。ジャズピアノしているのに酒飲まないなんてなんのためにやっているの?

って禁酒・断酒当初は思いました。

 

禁酒・断酒してもう発表会は2回目。前年はまだ酒やめて4か月ほどでしたので、意識朦朧で詳しい記憶が無いのですが、この時は本当に楽しめましたよ。

 

打ち上げも当然行きました。

音楽仲間たちは酒好きも多いのですが、私はもちろん炭酸。でも、これも楽しめたんですよね~酒飲んでいる時のピークが100点とすれば85点てところでしょうか。

 

かなり普通に素面でも楽しめることに驚きと嬉しさを感じました。

 

 

禁酒・断酒 17ヶ月 12月

もう完全に安定感抜群ですね。

正直、もうじき日本で断酒ブームというか酒ってどうなの?っていう流れがきそうな気配がプンプンしているんです。

それは昨今のニュース番組を見ても明らか。

 

今でもしつこくやっている相撲のニュースですが、酒の席でってことを報じた後、そもそも酒自体悪いんじゃないですかっていう意見を流している番組がありました。

 

こんなこと今までの日本ではありえなかったのではないでしょうか。

 

日本人特有のネチネチどうでもいいことにケチつける(笑)矛先が

間もなく飲酒行為に来る

 

と見ているのですよ。

そこで、私もその切り込み隊長として、このブログを通じてあなたや周りののんべえのみなさんにそのあたりの意識の気づきの一つになればと思って書いているのですね。

 

実に健やかに今年を終えようとしています。パワー満タンでまた明日の新年を迎えることができるのは間違いありません(〃艸〃)ムフッ

 

総評

・酒やめて1年はしんどいこともあるよ。でもそのしんどさが後になるほど糧になってくるよ。

 

・酒をやめるうえでの恐怖の一つ。楽しめないのではないかという懸念は無くなっていくよ。今現在酒やめて17ヵ月。酒飲みのころの楽しさを10点とすれば8点の日常というところだよ。このままいけばあの頃の10点、およびそれ以上にいくとのこと。(アル中の先輩たち談)

 

・酒やめたらマジ人生変わるよ。それは思考回路が変わる、もっと言えば考える時間が増えるから。

 

 

*あなたも禁酒・断酒、よい年をお迎えくださいね♪


 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す