禁酒・断酒して頭痛?




酒飲み時代、

酒を飲み過ぎて慢性的に頭痛で、またその頭痛を和らげるために酒を飲む

ということをしていた方もおられるでしょう。

(私も酒飲み時代晩年はたまにこんな感じだったかも)

 

で、思いきって禁酒・断酒して、そこから解放されたと思いきや、再び頭痛が襲ってくるんですよね(^_^;)


禁酒・断酒後、いきなりの試練

禁酒・断酒をした後、試練がいくつかあると言われています。(聞くところによると結構個人差があるようなんで参考まで)

 

 

で、いきなりくる試練は、いわゆる

体調が思い切り&いきなり変化する

ってやつなんです。

高熱がでたり、ずっと風邪っぽい状況になったり、

とにかくとてつもない体調不良なんですよね(^_^;)

考えられる理由はただ一つ。

禁酒・断酒です・・・

アルコールを体に入れないんで、体がビックリして反応が起こっているんです。

で、

これが過ぎるとすぐに

=飲みたいんじゃ~~~=

ってやつがきます。

それはそうですよね。だって、つい最近まで数十年間当たり前のように接種していた薬物を急に手放すんですから・・・

 

で、その

=飲みたいんじゃ=に耳を傾けると、

「この体調不良は酒を飲めば一発で解消すると体が覚えている。な~に、体を楽にするためだけではないか」

とささやいてくるんです。もちろん自分がね。

 

まあこの

=飲みたいんじゃ~=

期間で大概の人の禁酒・断酒は終わってしまうようです。(笑)

(私の場合、幸運?にも、酒飲み最期の日に顎を粉砕していたので、この気持ちにはならなかったんですよね・・・口開かないから・・・)

 

禁酒・断酒後、一番恐ろしかった慢性頭痛 慢性不安

で、この後に、飲み過ぎてた人には恐ろしい症状が待っていると言われているんです。

離脱後症候群という名前があるみたいなんですが、

まあ簡単に言うと、

=酒飲んでないからずっとしょうもないし、なんか頭イタイよ=

 

って感じ。

これは別記事でも紹介しましたが、⇨最も恐ろしいステージ3=壁期=

もうこれは本当に恐ろしかったですねΣ(゚д゚lll)ガーン

 

なんかずっとドキドキしていると思いきや、急に感情が無くなったりして、

その時は分かりませんでしたが、今考えれば

「あ、これがうつの(セロトニンが枯渇している)状態かも・・・」

 

なんて思っています。

 

無感動だし、感情ないし、かといってどこかいつも不安を感じているような気がして、頭イタイし・・・

 

今考えたら合点がいきますが、その当時は本当にきつかったですね~~~

ホルモン的に理解する 禁酒・断酒の初期

これね、目に見えないから、感情論だけでいくから怖いんですけど、科学的に分析すれば、なんとか対応できそうなんですよ(私自身がその状態の時は科学的に知らなかった)

 

簡単にいうと、ドーパミン(やる気・快楽物質)で人間は動いているんですよ。

何をするのもこれなんです。

美味しいものを食べる⇨美味しい

恋愛がうまくいく  ⇨やった~~

ビジネス大成功   ⇨ほれ、みたことか

 

的なことを思うとして、

これらを思わせているものはドーパミンというホルモンなんですよ。

 

これ(ドーパミン)を分泌させるために、(もっと言えば快楽を得るために)

人間、動物は頑張るんです。

 

ところが、

アルコールを体に入れたら、何もしなくてもドーパミンが一時的に出やすくなるんですよ。

これ、楽ですよね?

全ての依存症と言われているものにドーパミンが絡んでいるんですが、

その中でも飲酒は簡単にドーパミンが手に入るんです。
(余談ですが、一番直接的なドーパミン接種は覚せい剤ですよ(^_^;)ドーパミンに酷似した物質を体に入れるんです。だから、とてつもない快感と言われているんですよね)

だから、酒飲むんですよ。

酒飲んで、=フワ=っとする感じのあれです。

 

で、こんなことを繰り返していると、脳は変な学習をしちゃうんです。

=アルコールがきたらドーパミンを出すんだな=

と。

 

私の体(あなたも!!!)

こうなってたんですよね(^_^;)

 

アルコールが入らないとドーパミンが分泌されない、すなわち酒飲まないと面白いと感じない人間の出来上がりなんですΣ(゚д゚lll)ガーン

 

 

これは、脳の耐性という観点からも仕方のないことなんです。

禁酒・断酒して脳に伝える アルコールは来ないよ

ここまで理解すると、

=アルコールをやめて面白くなくなったり、それが頭痛につながったりする=

ということが分かりやすいですよね。

 

で、この時期を脱する方法は一つだけなんです。

私もそうでしたが

=脳にアルコールはこない、と教えている期間であるということを知っておく=

ということです。

 

 

私自身、この症状が禁酒・断酒をしている人にかなりの確率で見られるということを知り、それからこの症状が緩和していくということも同時に知り、(ドーパミン云々はしりませんでしたが)乗り越えることができました。

 

そうなんです。

今、酒が飲みたいというより、謎の頭痛で悩んでいるあなた。毎日が全然面白くないあなた!

みんな通る道なんです。今脳が学習しているんです。

 

=あ、アルコール入ってこないんやな。これは自分でドーパミンを分泌せなあかんのやな=

 

って。

 

私のように、先には光があることを知れば、今日の痛さも多少緩和されるでしょう。そして禁酒・断酒された全員は言っています

「禁酒・断酒をして後悔している人はいない」と。

こう思えている時点で、アルコール無しでもドーパミンが分泌されているってことですよ♪



 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







4件のコメント

  • あおふくろう

    初めまして、コメント失礼します。

    ほぼ毎日お酒を飲んでいた者ですが、たまたま先日3日ほど抜いたにも関わらず
    締め付けられるような頭痛、吐き気、手足の発汗と二日酔いの様な不調をきたし
    何故?と不思議に思い『酒 飲んでない 頭痛』などのワードで検索し、この記事にたどり着きました。
    今までとりあえず数日お酒を抜けば体調が良くなるのが常でしたので目から鱗でした。
    (大酒の翌日→だるいので飲まない、2日目→爽快な気分になると体感していました。気分が良くなるので2日目から飲むのがお決まりですが…)
    それが一昨日、2日間夢中でこのブログを読みどおし、気づけば過去記事を全て読ませていただき今に至ります。
    とても分かりやすく親しみやすく且つ細やかな文章で、脳化学の分野からなど専門的な知識が興味深く、また文中からどうやら小太郎様が同い年らしい(82年生です)と知った事もあり大変引き込まれました。
    読んでいく内、あぁ、痛いほどわかる…と頷いたかと思ったら、周りの飲み友達からは決して出てこないようなご指摘がぐさりと刺さったり
    でも決して「断酒成功者の上からの目線」でなく「飲酒者と同じ目線」に終始しているのが心地良く、大変説得力がありました。
    膨大な記事量だったので多少駆け足気味に目を通した所もありますが(また改めて読み直します)親切にも念を押す様に綴られた言葉は、読み進める度に頭の中に浸透していく様でした。
    他の記事で仰っていた、「酒飲みの飲み方は天才かもしれない」というお言葉。
    何時間でも貪る様にページを読み進め、また私は動画を観るのが少し苦手な筈なのですが
    配信されているYouTubeにも自然と手が伸び、少しずつ拝見していくうちに夜が来て、
    確かにこの没頭するエネルギーってすごいのでは?と炭酸水を片手にはっとしています。

    今飲まずに6日経ちます。やめるつもりでたどり着いたわけではないので、正直に言えばまだ断酒を決意!とまではどうだろう…という心のうちです。仕事先が酒場という事もあり、常に飲める状況というのが不安でもあります。
    だけど「この飲んでないのにしんどいの何だろう、治ったら飲めるだろう…」というほんの
    小さな疑問から、2日で人生観が変わりそうという事に驚きを感じています。
    このブログに出会えたきっかけである頭痛と、何かが変わるかも?という芽生えを抱えながら、しばらくは飲まない日を続けてみようと思います。

    突然の長文、失礼いたしました。これからのご活躍も楽しみに応援しております。

    • 小太郎

      あおふくろうさん

      こんにちは。見事に同い年ですね♪

      私たちの年代では、まだそこまでアルコール関連で重篤な事件、事故は少ないですが、あと10年もすればどんどん出てくるようです(;^ω^)
      実際に酒やめてからそのあたりの年代の元アル中レベルの方と話す機会もあるのですが、口をそろえて言われてます。
      「若いうちに気づいてよかったな」って。
      「うらやましい限りです」って。

      我々の年代、まだまだ若いんですよ~!何するにしても、まだ早いほうです!先見性があります。

      近未来、間違いなく酒に対する厳しい視線も訪れることが確定している日本で、私たちの飲み方では本当に損するだけです。

      私の同じ年の友人でやめている人は皆無です。だから、なんか余計やめやすくも感じていますよ。先取りしている感じというかね。(ちょっと性格悪いですが(笑))

      同い年として確実に言えることは、今やめるのが一番楽で速くても確実だ(やめたいのであれば)
      ってことです。

      同レベル元大酒飲み現在断酒者の
      年上と同じ年からの意見。

      参考にしてみてださいね♪

      色々な角度からYOUTUBEも話しておりますので、またご覧ください♪

      ご丁寧にありがとうごいます☆

      小太郎

      • あおふくろう

        小太郎様、こんばんは。お忙しい中突然の長文にご返信ありがとうございます。
        新参の一読者に親身なお言葉、感謝感激しておりますm(;∇;)m

        先取りしている感じ、何か自分が特別に感じられて良いな〜と思った自分も性格悪でしょうか(笑)
        思えば飲むのに慣れてきた時も「自分と同年代でこんな飲める人、いる⁉︎」と思うと気分が良かったような…勿論過去の恥ずかしい大間違いですが。そんなノリで、「この歳でお酒やめた人、いる⁉︎」とこっそり良い気になるのは思考ルーチンに合ってる気がします(笑)

        小太郎様の発言を裏付けるように、奇しくも先日近い年代のタレントさんがお酒で大変な不祥事を起こし、戦慄しています。偶然とは思えない出来事、そして大先輩の方々の満場一致のご意見。胸に刻んで、飲まない1日1日を積み重ねてみよう、と思います。

        ブログもYOUTUBEも、日々拝見させていただきます!
        連日失礼いたしました。不安定な気候が続きますが、何卒ご自愛くださいませ。
        重ね重ね誠にありがとうございます。

        あおふくろう

        • 小太郎

          あおふくろうさん

          「酒を俺結構飲めるかも?」ってあの感じに似ている優越感。同じです(笑)

          性格悪かろうがなんだろうが(〃艸〃)(笑)さっさと先に酒をやめてやればいいと思います。私、いまでも日に日に優越感が増してきてますから(笑)

          お互い若いうちに時代を先取りしましょう♪では☆

          小太郎

コメントを残す