酒を飲まない方がいい人




つまるところ、

断酒するかしないかは、

 

あなたが酒を飲まない方がいい人か否か

 

ってだけですよ(;^ω^)

 

酒を飲まない方がいいと自分で認定した人。(他人言われても自分で認定しなければ意味ない)

 

いますぐ、酒を断つ準備に入りましょう。



ええ、私は酒を飲まない方がいいです

 

もう、本当にここが分かっているかどうかだけですよ。

 

確かに酒のことを調べていくと、アルコールは飲まない方がいいというデータがものすごく出てきています。最近では、百薬の長というのは嘘だったよということもニュースなどでも取り上げてきているほど。

以前の記事→酒は百薬の長のウソ

 

世界の人々と比べて、酒に弱い&飲めない人の割合が多い日本なのに、

 

酒の基準はめちゃめちゃ甘いですからね(;^ω^)

 

 

何か力が働いているとしか思えませんが、

まあそれはいいんですよ・・・

 

あくまで嗜好品ということで法で定められていますからね。

 

 

問題は、

飲まない方がいい人が飲みまくっている

 

という事実のみなんです。

 

酒を飲んでいると、嗜好品じゃなくなってくる人がいるんですよ。

 

嗜好品です。嗜むんですよ。

 

嗜むということは、まあちょこっとって感じですかね・・・

 

当然、周りの人に迷惑をかけることもなく、スマートに飲むといった感じでしょうか。

 

第一段階ではこれなんですが、まあ嗜んでやめることができている方は、このブログを読まれていないと思いますので、次に行くと、

 

第二段階では人に迷惑をかけているかどうかってことですよ。

迷惑をかけたかどうか分からない、って時点で迷惑をかけていると思って大丈夫だと思います(笑)

 

で、多少は心が痛むはずなんですね(傷まない人はそのままどうぞ♪)

 

そのまま第三段階へ。

飲んでてても、そんなに面白くないという状態に陥るんです。

 

なんで飲んでいるか分からない。でも飲まずにはおれない。

この状態を分析をすると、なんかつまらないとかなんか不安だとかいう理由から飲んでいるのでしょうが、

 

依存症のできあがりです(;^ω^)

 

こうしてみていくと、どの時点で酒を飲まない方がいいでしょうか?

 他人や自分に問題が起こった時点でやめた方がよい

上の流れを見ていくと、

 

問題などが起こった時点で、さっさと酒人生から撤退したほうがいい

 

ということになりませんか?

つまり

飲まない方がいい人に認定

 

ということになります。

 

 

酒飲んでいて、人に迷惑をかけたことない人なんていないのではないでしょうか(;^ω^)

 

 

で、周りもそうだからいいや

といつの間にかそれが常態化して、

取り返しのつかない状態になってしまうのですね。

 

法律で定められているし、多少の害があろうが、上手に飲んで、酒も好きなら飲めばいいんですよ♪

 

でも、そうじゃない人。

これからの時代、もっと大変になります。

もっともっと酒飲み、しかも我々の飲み方は生きづらい世の中になってきます。

 

今が一番マシなんですよ♪

 

 

あなたは酒を飲まない方がいい人ですか?

 

 

 

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す