酒を適切に飲めないと分かっているのに、それを選ぶあなたが悪い




面白い質問をいただきました。

 

酒とあなたとどっちが悪いと思います?

ってあれですね。

 

 



酒でもなくあなたでもなく

よく街に貼ってあるポスターとかにあるようですよ。

 

=酒が悪いのではなく、悪いのはあなただ=

 

ってね。

 

「これ、どう思いますか?」

 

っていきなり聞かれたので、ちょっと私の見解を(;^_^A

 

 

 

個人的には、

 

酒に良いも悪いもなと思ってます。ただの物質ですからね(;^_^A

包丁みたいなものですかね・・・良くも悪くも使いかた次第という(料理だっておいしくなるんでしょう)。

ましてや、現代だけでなく、もう何百年何千年と酒を使ってきた(例えば神事など)という歴史もあります。

 

それを、いきなり自分が依存症になったから、

酒は悪だ!

というのはちょっと暴論のような気がしないでもありません。

 

もちろん、

 

酒は害!

 

ですけどね。

 

そういう意味では、

私にとっては悪

と言えなくもないですが・・・

 

 

 

問題は、

 

適切に飲めないってわかっているのに、それを飲み続けているあなたが悪い

 

って話になりますね。

 

 

 

あなたが悪いのではなく・・・

過去の自分(あなたも)を擁護するわけではないですが、

 

別にそんな性根が腐った人たちばかりではないと思うんですよね~酒に乱れているからって・・・

 

 

あなたが悪い

 

って言われると、

人格全てを否定されたような気になりますが、

 

決してそうではないと思ってます。

 

でも、確実に言えることは

 

自分にとってダメだということを選択しているあなたは悪い

ってことです。

 

まして、

自分どころか、周りの大切な人にまで迷惑をかけることが分かっているのに、飲酒という行為を選んでいるのであれば、これはもう論外でその人が悪いのではないでしょうかね・・・

 

 

人は責任を転嫁したくなります。酒にもね・・・

 

でも、もしかしたら、良いも悪いもないかもしれません。酒はただの物質だからね。

 

PS

しつこいですが、

 

私にとっては酒は確実に害だし、悪でもあります(笑)

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







酒を適切に飲めないと分かっているのに、それを選ぶあなたが悪い はコメントを受け付けていません。 断酒への道のり