人の酒害体験をどう受け止めるか




 

LINE@の数が増えてきて、まもなく300人を突破します。

 

300人ともなれば、毎日私の方に何らかのLINEが届くのですが、もちろん悲惨な内容も多いんですよね(;^ω^)

 

 

で、その内容をLINE@に登録してくださっているみなさんに公開しているのですが、その時にどうとらえるか、だと思うんですよね・・・

 

 

 



酒害体験から何を学ぶ?

例えばこんなLINEが毎日のように送られてくるんですね。

   

 

これを読んでどう思われますか?

 

様々な方の悲惨な体験から、

 

「こうならないように気をつけよう」

とかならわかるんですが、

 

「私の方がひどい」

とか

「分かるわ~」

 

って言っていても進歩はないんです。

 

慰めあいや共感、また被害の大きさを争っていても何にもならないんですよ。

(まあ慰めあいや共感は一瞬あってもいいとは思いますが・・・)

 

 

肝心なのはやってしまったその先でしょ?今からですよね(;^ω^)

 

俺の方が被害が大きいとか、私の方がマシとかって言いだしたらそれで終わってしまう。別に、酒害選手権大会をやっているわけじゃないんだから・・・

 

そういうのじゃないんですよ。

 

被害の大小ではなく、その都度学べる共通点

毎日来るLINEでも、その悲惨さの大小ではないんですよ。

 

共通点が見えてくるんです。

共通点が!

 

 

 

ズバリ、

 

全員が酒はやめといたほうがいいねって思っている

 

ってことなんです。

 

スゴく分かりやすい共通点だと思いませんか?

大事故を起こした人、逮捕された人、入院していた人、一家離散した人・・・

そしてスリップ(再飲酒)した人に至るまで全員言っていることなんです。

 

全員ですよ???あなたと私だけじゃないんです。酒がダメだなって思っているの。

 

実に勉強になると思いませんか?

 

人の生の声を聞いて自分にあてはめる。上述のように、慰めあったりするのはもちろん多少はあっていいと思うんですが、肝心なのはこれからですから!

 

PS 日々たくさんの方の出来事や気持ちを共有していっています。酒をやめたいあなたも、ぜひLINE@に登録してみてくださいね♪

 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す