アレンカー著 禁酒セラピーの内容が腑に落ちる




禁酒・断酒を本気で考えた人は、誰もが一度は読んだことがある、もしくは読もうとしているであろう禁酒セラピー。何せ、禁酒に関連する本はこれ以外あまり思い当たらないですもんね。禁煙本は結構でてるのに、禁酒本がほぼこれだけなんて、何か陰謀がある気はしますが・・・

 

で、私のことを思い返すと、禁酒・断酒を決意したその日に本屋に買いに行きました。実はそこらへんの書店には置いてないんですよね・・・禁酒セラピー。結構大きめの本屋にしかないのですよ。

 

酒をやめることになった出来事と向き合い始めた&本当に酒をやめるのか俺?という絶望感の中、わざわざ大都市の大きな書店まで買いに行きましたよ。すぐに読みたかったですからね笑 わらをもすがる思いとはまさにあのようなことを言うのでしょう。



禁酒セラピーの内容

ぶっちゃけ、禁酒セラピー読んだとき、

「は?」

でしたよ(^_^;)

そんなわけないがな、の連発でしたし、そんなこと言われてもあなたはそうなのでしょ、という感じ。本の中に、まだ酒をやめたらだめですよ、みたいなことを書いているので、

「もう、やめとんねん。こっちは」

なんて勝手にきれながら読んでました。(アホです笑)

 

で、内容を簡単に言うと、

「酒やめるの簡単だよ。マジだよ。でも難しいと思っているでしょ?なんでだと思う??それはあなたが社会に洗脳されているからだよ」

 

という内容なんです。

ここだけ見ると、読んだことのない方は

=どんな本なんだ!?=

って思いますよね(^_^;)

でも、本当にこういう内容が書かれているんです。

で、その洗脳がなぜ行われているのか、とかその洗脳の解き方を書いているんです。

昨日、一昨日まで飲みまくっていた人からしたら、マジで

「は?」

ですよね(笑)

 

私の場合、禁酒・断酒の日数が進むにつれて徐々に分かってきたんですよ。

「この著者、アレンカーの言っていること、本当かもしれないぞ」と。

 

読めば読むほどその通りな禁酒セラピー

で、別に期間を決めていたわけではないのですが、思いついたときに読んでいたんですよ。今から考えたら週に1回くらいのペースになっていたかもしれません。

読むたびに、納得部分が広がっていく感じなんです。

 

で、最初に読んだとき一番ふに落ちなかった言葉、

「アルコールはデメリットが多く、メリットが少ないからやめようと言っているのではないのです。アルコールにはメリットなど一つもないからやめようと言っているのです」

という部分。

アルコールにメリットが無いなんてそんな馬鹿な~~~~~~~!?

 

って思ってました。

で、この部分を乗り越えた時、この部分の真意を理解した時、私の中で禁酒・断酒が完璧に安定しましたね。(10か月くらいかな)

 

今一度言いますよ?アルコールにはメリットなど一つもないのです。

って再三再四禁酒セラピーで言われているのですよ(^_^;)

そんなわけないがな、と思いたいですよね。我々超絶のんべえからすれば。

でも、今だったら分かります。

アルコールにはメリット一つもありませんでしたわ!

 

こんなことが禁酒・断酒して時間が経過すればするほど分かる一冊です♪

おすすめですよ☆

 

関連記事⇨笑顔いっぱいの禁酒・断酒

今一度告ぐ 酒にメリットは一つもない



 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す