お酒が抜けた後の症状 離脱症状




体からお酒(アルコール)が抜けたあと、

離脱症状という症状がほとんどの場合で現れます。

でも、この流れさえ知っておけば、怖くないんです!

大きく分けて二つの離脱症状がある

まず離脱症状は大きく分けて二つ。

①お酒をやめて数時間から数日にかけて起こる離脱症状。

 

②お酒をやめて1週間~1年(場合によっては数年)にかけて起こる離脱症状。

 

それぞれ専門的な名前があるので、ご興味のある方は、調べていただければ、と思いますが・・・。

 

①は、けいれんしたり、発汗したり、高熱がでたり幻覚を見たり、という

いわゆるアルコール依存症患者がなってそうなイメージそのものです。

私の体験からいうと・・・・・

この①の期間は、あまり離脱症状を感じなかったというか

=あまり覚えていません=

 

幸運?にも、断酒を決意するに至った理由の大きな一つでもあるんですが、

あごが粉砕されていたので((;^ω^))

日常生活に支障をきたすレベルで、飲みたいとかそれどころじゃなかったのです。笑(一か月間、口がボールペンほどの細さしかあかなかったですから笑笑)

 

でも、断酒の先輩方の話を聞いていると、

 

それはそれは辛いそうですよ!

自分は何をやっているんだ、と何度も思うみたい。(まあ、でもたったの1週間です(;^ω^))☜今のあなたからは1週間!?長すぎだよ、と聞こえてきそうですが・・。

 

で、そこから、断酒をはじめて1年間は、次のようなステージに分かれます。

ステージ1 緊張期(0~14日)

特徴:とにかくしんどい。

ステージ2 ハネムーン期(15日~90日)

特徴:よい気分。断酒になれてくる。

ステージ3 壁期(90日~180日)

特徴:断酒が当たり前になり退屈さを感じる。

ステージ4 適応期(181日~270日)

特徴:壁期に感じた退屈さが消え、アルコールへの欲求も減る

ステージ5 解決期(271日~365日)

あまりアルコールに興味がいかなくなる。アルコールの無しの生活の素晴らしさを再認識する

 

おおむねこの通りに動いていきます。私も例外ではないです。



もっとも恐ろしいステージ3

そしてこの中で最も恐ろしい期間がステージ3の壁期です。

 

ここで多くの方が再飲酒の道に走ってしまうようです。

でも、敵を知れば大丈夫!!

ステージ3を詳しくみていくことにしましょう!

続く  ⇨最も恐ろしいステージ3 =壁期=

関連記事⇨ステージ3 壁期の詳細

お酒をやめる絶望感の正体

 



 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







2件のコメント

  • かず

    小太郎さん、
    いつも拝見して自分を振り返っています。
    先週の月曜日から断酒を始めたので、ちょうど1週間が過ぎました。
    お酒が飲みたくなると、ノンアルコールビールを飲んで過ごしました。
    「ノンアルコールビール依存症ではないか?」と思うほど、それに頼りました。
    もちろんアルコールではないので量は飲めませんが、冷蔵庫にないと不安です。
    ただ、本当のアルコールではないので、アルコールとセットになっていたようなメニュー(脂っこいものなど)は欲しくなくなりました。
    反対に今までは見向きもしなかったようなお菓子類を購入し始めました。
    会社でも、配られたお菓子に手を出したり・・・。
    これはこれで、困っています。
    こういう状態は収まるのでしょうか?

  • 小太郎

    かずさんこんにちは♪

    ほとんどの人が、甘いものに走ります(笑)なぜなら酒で摂取していた糖分(酒はどれも結構糖分がある)が急になくなったからと言われています。私も類にもれずそうでした(;^ω^)三カ月間くらいでしたかね。我々酒飲みは甘いものとは無縁の生活でしたので、何よりご自身が驚かれていると思いますが、じきになくなってくるので大丈夫です。酒飲まないだけですごいことをしているから体がビックリしているだけですよ♪お菓子いっぱいたべてくださいね(笑)

コメントを残す