禁酒・断酒の解禁?苦しいの?




「小太郎が禁酒・断酒をしているらしい、どうやらマジらしい」

という話が私の周りにも浸透しております。

私の感覚では禁酒・断酒をしているという感覚は別にないのですが、周りから見るとどうしてもそのように見えるようなのです。

すごいな、とか並みの精神力じゃないななんて言われますが・・・

何度も言っていますが、

本当に何もすごくないし精神もつかってないんですよ(^_^;)

 

ましてや禁酒解禁なんて・・・


禁酒っていうから解禁がある気がする

日本語の妙味と言いますか、禁酒っていうだけでなんか頑張って禁じているっていう印象がありますよね。

断酒だってそうです。

私、禁酒か断酒かって言えば、断酒なんですが、なんか酒を精神力で断つって感じがスゴイしますよ。

 

そのような感じなので、

スゴイ頑張っている、解禁まであと少しなんていうイメージがどうしてもついちゃうんですよね。

でも、これ、全くの間違いないんです。

解禁なんてありえないし、我慢しているわけでもないんです。

一番合っている印象で言えば、

今のこの最高の生活を手放したくない

って感じですかね(^_^;)

 

酒を飲みたくて飲みたくて我慢して、それこそ皆さんの思われている禁酒及び断酒をしているという人を見ると尊敬の念を覚えますよ笑

だって、そこまでして、人生の我慢することを毎日耐えているなんて私には到底できそうもありませんからね。

リップサービスで言っているのかどうか分かりませんが、芸能人でも問題を起こして禁酒して、解禁までは飲みませんなんてやってますよね(^_^;)だから余計に禁酒=解禁日が来るというイメージになっているんでしょうが。

禁酒・断酒の解禁をする人は苦しいんだね

結局ここがポイントになってくると思うのですよ。

つまり、禁酒=解禁という思考回路がある時点で、

今の禁酒・断酒生活が苦しいんですよね(^_^;)

 

もちろん、これは禁酒・断酒始めたての離脱症状のことを言っているのではありませんよ。あの離脱症状は、酒を飲んでいたあなたが通る、酒を飲むという生活習慣を変えることで起こる通過儀礼のようなものなので(^_^;)

 

で、せっかくその通過儀礼がすぎて、酒を飲まない生活が心身とも当たり前になっているのにも関わらずまだ苦しいっていうことは、大前提が間違っているのですね。

禁酒・断酒=苦しい

と。

 

そんなわけないじゃないですか(^_^;)

毎日のたうち回るほどの飲酒欲求に耐えて、死ぬまでそれが続く。そんなことを、毎日ブログ書いて啓発すると思います?

もし永遠に飲酒欲求が消えないなら、

私、速攻で飲んでますから(笑)

お金?健康?時間?知らんがな!!!で飲んでますから(^_^;)

 

今の禁酒・断酒生活が健やかすぎなのですよ。楽しすぎなのですよ!

そして、もっと言えば、

この楽しさがどんどん増えてくるのは確実だっていうのがなんか実感で分かっているんですよ。

 

だから、

禁酒・断酒を解禁するなんて、恐ろしくてできないんですよね(^_^;)

その恐ろしいのは、

また、あの酒飲み人生の負の連鎖に戻ってしまう恐ろしさではないのですね。

今楽しいのに、そしてこれからも楽しくなるのに、

わざわざ明らかに楽しくなくなることをしないだろって感じですかね・・・

このような感覚になるのだな、ということを少し頭にいれていただけると楽しんで禁酒・断酒できるかもです。

 

関連記事⇨禁酒・断酒安定後、久々に心が揺らいだよ

禁酒・断酒で街をぶらぶら



 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す