酒があるから冬将軍が来ても大丈夫?




2月に入りまして、ちょいちょい冬将軍と言われる非常に勢力の強い寒波が日本列島を襲います。

こんな冬将軍の時は、

さっさと家に籠って熱燗飲んで家でしっぽりしたら大丈夫

なんて思ってましたよ(;^_^A

 

それ、何が大丈夫なんでしょうか?



冬将軍でも大丈夫?意味が分からない

かくいう私も、

冬将軍が来ても酒があるから大丈夫!

 

って本気で思っていましたからね(;^ω^)

 

もう頭いかれちゃってたんでしょうが、

今思い返しても、

本人は本気でそれが寒い冬の一番の過ごし方

と思っているから仕方ないですよね・・

 

 

これ、どこでそんな思考回路になっちゃたんでしょうか。

私が思うに、日本旧来の価値観が我々現代人にも深く根付いているような気がしています。

江戸時代までは電気なんてなかったですからね。寒い冬の夜は家でゆっくりって感じでしょうか。

 

確かにすること無さそうですし・・・

 

一方、平成も終わりを告げようとしている現代・・・・・・

することめちゃめちゃありますよ。

だって、寒い冬の夜だから家でほっこりしようという思考回路は同じだとしても、そこから何する?ってのは現代ではそれこそいくらでもありますからね。

 

 

例えば昨日の夜。

酒飲んでいない私はお風呂をゆったりと楽しみましたよ。(まあ、これは酒飲んでいてもしていたことですが笑)

で、月光を浴びながら読書をして、眠いから寝ましたよ。(まあ、これも酒飲みながらもしてたな笑笑)

 

9時半にね(;^_^A

 

やっぱりね~、酒飲んでいる時の過ごし方と素面の時の過ごし方で一番顕著なのは

 

要らんことをするかしないか

 

ってことだと思うんですよ。

 

同じことをするにしても、

 

酒飲んでいたらいちいちしつこいんですよね(;^ω^)

 

そのしつこさが、将来の種植えには確実になっていないわけで・・・

 

酒飲んでしっぽりとしていたら大丈夫?むしろ逆だよ

私、常々自分の生き方を点検しているんですが、

 

冬将軍来たから酒飲んで家に籠るって全然大丈夫じゃないですよね(;^ω^)

 

人生の観点からしてね。

 

私が日々めちゃめちゃ勉強しているのは、近未来(それこそ5年とかのスパン)世界がどうなっているか、だから今自分はどう考えどう行動すればよいのかってこと。

 

現段階でも確実に言えるのは・・・

旧来の日本の価値観をそのまま踏襲している人々は間違いなくサヨナラ状態になります。

 

終身雇用年功序列なんていうのはとっくに吹っ飛んでいるのに、まだそれにしがみつこうとしている人がいるんですよ(;^ω^)

 

しかも私の年代(30代半ば)で・・・

余談ですが、年金制度も75歳というワードがもう出てきていますよね?

 

特に私の同年代の方。余計なお世話は百も承知で、今一度考えましょうね(;^ω^)

・その会社に75歳までいるんですか?

・超一流大企業、金融機関が倒産、リストラを決行している今の社会の中で、あなたの会社があなたが定年まで運営できているという根拠は?

・・その会社に何かあったときどうするんですか?

 

マジでこのあたりを考えて行動しておかないといけないんですよ。

 

それどころか、雇用って概念も無くなるんじゃないかとも言われていますからね。

 

 

 

で、勉強して考えて、来る未来を見据えて今を行動することが、ビジネスにもなりえるし、最高のリスク管理となるんです。

 

 

冬将軍が去るまで酒飲んで家に籠るのはその日は寒く無くていいかもしれませんが、それ、今日という時間を今日の寒さをしのぐためにしか使っていませんよね?

 

全然大丈夫じゃないんですよ(;^_^A

 

 

関連記事⇒酒を飲んでいることで起こる、とてつもない機会損失

飲酒のメリット?無し!!!

 



 
  
 
 
 

ライン@始めました!

(LINE@は無料メールマガジンのLINEバージョンって感じです♪)

登録はこちらから

↓↓↓

友だち追加

 
 

LINE@って何?って方はこちら

↓↓↓

禁酒・断酒実現プロデューサー小太郎LINE@







コメントを残す